“利き桃”と兄弟喧嘩

桃と云えば……(笑)

去年の「甲斐いちのみや大文字焼き」の

「甲州戦記サクライザー ショー」では、

サクライザーの敵役・魔玄一族の

魔玄怪人 ライガとレツガが、

美味しい桃をめぐって

兄弟喧嘩をしていた。

固い桃と柔らかい桃のどっちが美味しいのか!

桃の産地・山梨ならではの話題だ。

なんたって、

口に含んだだけで、

県内のどこの桃かを当てる

“利き桃”ができる山梨県人(一部だとは思いますが…)ですから、

これは譲れないテーマです。

「やわらかい桃は、カブトムシが食うもんだ!!」

これには、

会場も不穏な空気が漂います(笑)

こうまで云われては黙っていられません。

ゴングです!

ライガとレツガの“どつきあい”からの

高さのあるドロップキックまでの

迫力のある兄弟喧嘩が、

老若男女に大ウケでした(笑)

客席の子供たちも、

「(この兄弟)バカだな~」と云いながら大喜びでした。

それを後ろで見ていたお母さんは、

“あんたたちも、毎日、あんなだよ!!”

ツッコミを入れたかったようです。

祭りに来てくれたみんなの気持ちに寄り添えた、

良いショーだったと思う。

「甲斐いちのみや大文字焼き」

江戸時代にお盆の送り火として行われていた祭りを

約150年ぶりに復活させた笛吹市一宮町のお祭り。

毎年8月16日の午後8時、

山の斜面に巨大な「大」の字が浮かび上がる。

例年松明による点火だったが、

今年、平成29年からは電気の点灯のみとなります。