ヒーローに国境はない!サクライザー新聞アプリ

東京タワーが表紙を飾った

「サクライザー新聞平成29年2月号」には、

興味深い記事が載っていた。

「サクライザー新聞」のアプリが、

ダウンロード数の国別で、

なんと!!

インドネシアが、

日本を抜いて一位になったというもの。

つまり、

アプリに関して云えば、

「甲州戦記サクライザー」は、

山梨のご当地ヒーローではなく、

海の向うのインドネシアのヒーローになっています。

山梨の内面に眠っているロマンを引き出すための、

毎日毎日の地道な積み重ねが、

人種や宗教や文化の違いを乗り越えて、

関心を呼んでいることに驚きを禁じ得ません。

地域を思う心は、

世界共通です。

サクライザーは、確実に、この地球(ほし)に、

山梨のファンを増やしています。

「サクライザー新聞 アプリ」は、

世界85カ国でダウンロードされています。

今や、山梨のローカルコンテンツは世界で楽しまれています。

(2017年1月20日現在)

国別ダウンロード数

第1位 インドネシア

第2位 日本

第3位 ベトナム

第4位 タイ

第5位 韓国

第6位 マレーシア

第7位 中国

第8位 ブラジル

第9位 台湾

第10位 アメリカ

以前の調査では、

46%が海外からのダウンロードでした。

インドネシア共和国は、

東南アジア南部にある共和制国家。

首都はジャワ島に位置するジャカルタ。

赤道にまたがる1万3,466もの大小の島により構成。

人口は2億3000万人を超える世界第4位。

また世界最大のイスラム人口国。

世界最大の「サクライザー新聞アプリ」ダウンロード国。

その後、

東京でのキャンペーンの効果か、

再び、日本が巻き返しました。