ロボズラー、今年『はじめてのおつかい』美術デザイン科展含む

「サクライザー新聞見ました!」

今日は、ロボズラーに頼んで、

どれみパンの【福袋】を買ってきてもらいました。

1月4日分の最後の福袋をゲットできたようです。

#サクライザー #山梨

ロボズラーの『はじめてのおつかい』は、まだまだ続きます。

1月6日(土)甲府駅北口よっちゃばれ広場

甲府駅北口まちづくり委員会主催の

第7回「お正月を遊ぼう」が行われてにぎわっていました。

このイベントは、

まちづくり委員会が年間を通じて、

一番力を入れていると云っても過言ではありません。

地域に住む年配者に光が当たり、

三世代で楽しめるイベントだからです。

武田神社の帰りに寄った、

甲斐市の職員の方に、

「このイベントは告知とかしていないの?」と聞かれました。

このイベントも今回で7回目。

ノウハウも確立されていると云ってもいいでしょう。

近隣の小学校や甲府市の広報を通じて告知は行われています。

「サクライザーファンのお友達にも会ったよ」

そして、

山梨県立美術館 県民ギャラリーで開催中の

第33回駿台甲府高等学校 美術デザイン科展

迫力の色使いです。

この作品を見に来たんだ。

すごいよ、すごいよ、この屏風は、凄いんだよ。

黒のボールペンで描かれているんだよ。

「屏風にしたのが粋だし、ミクロとマクロが高い精神性で融合された作品」って博士が云っていた。

床に置かれたボールペンを

1本1本チェックしているお父さんがいました。

こういう展示も、工夫があって伝わって来るものがあって、良かったです。

山梨県立美術館では、

子どもたちの凧作り教室が行われ、

作ったビニールの凧を子どもたちが上げていたよ。

すっごく上がって、

びっくりしちゃった。

「これは、伝統とアートの融合だ」と博士が云ってたよ。

県内の放送局の方に会いました。

「サクライザーとイベントで一緒になる機会がありますが、

会いに行けるヒーローって良いですね」と仰っていました。

どこの会場でも、

子どもたちが夢中になっている姿が、

印象的のようです。

この御家族の小さな娘さんに、

博士は、「似ていない」と云われ、

ボク(ロボズラー)は思わず笑いそうになったよ。

「サクライザー新聞見ました!」

山梨市こばやし製菓に来たよ。

こばやし製菓さんは、

「サクライザー新聞」に年始広告も出してくれたんだ。

毎年、内容が凝っていて、

「サクライザー新聞のことを良く分っている」と、

博士が云ってたよ。

去年のは、一部、衝撃が走ったからね。

「ネコ型の御年賀セット」欲しかったんだ……かわいい。

連れて歩きたいな……

『立ち餅』を取りにきた人がいたよ。

一生お金に困らないようにーーー

素敵な風習だと思った。

最近は、インスタ映えする仕様を希望される方が増えているんだって。

「インスタ映えのお陰で、様々な伝統文化や、風習が復活するかも知れない」と、博士が云ってたよ。

えっへへへへ……どら焼き、どら焼き。

ネコ型ロボットでなくても、

どら焼き大好き!!