シンカリオンは明るいエヴァ!?

TBSテレビ系列で放送中のアニメ

「新幹線変形ロボ シンカリオン」と、

エヴァンゲリオン新幹線

「500 TYPE EVA」をコラボさせることが決まった。

同アニメは、「新幹線超進化研究所」が開発した新幹線が、

ロボット・シンカリオンに変形。

そこに、主人公の速杉ハヤトら子どもたちが運転士として搭乗し、

巨大怪物から日本を守るストーリー。

「新世紀エヴァンゲリオン」をオマージュした展開が話題になってる。

えっ!そうなの!

気が付かなかった。

そういえば、

確かに、名前がシンカリオンだしな。

「エヴァンゲリオン」と「シンカリオン」。

似てる(笑)..

語尾に「~リオン」ってつけるだけで、

なんかカッコイイ。

お父さんの職場が、

鉄道博物館の地下に存在する特務機関「新幹線超進化研究所」だし。

うーん、地下、、、特務機関、、、、。

似てる(笑)..

完全にネルフですね…

他にも初出撃シーンとか、

シンカリオンを動かすためのパイロットの適合率とか……

その他もろもろエヴァを意識したような演出とかストーリーが……

似てる(笑)..

コラボレーションが決まったのは、第1話放送後。

父と子、ロボットの姿を描いたそのストーリーから「『エヴァンゲリオン』を想起させる」といったコメントが多数寄せられ、

アニメ制作スタッフがエヴァンゲリオン担当者に接触。

TVアニメ内でのコラボレーションが決定したそうです。

庵野監督は、

「保線から始まる第1話の描写に、心がシビレました。男の子の善き夢が詰まった子ども向けアニメとして、素晴らしいと思います。最終回まで遅延なく、無事故で走行しきってください」とメッセージを寄せ、

コラボについても、

「500系エヴァ新幹線の活躍も、是非!(追伸)車両同士の連結カットは、鉄心としてアップでじっくり、観たかったです」と語っている。

500 TYPE EVAは、2015年にJR西日本・山陽新幹線の全線開業40周年と、

「新世紀エヴァンゲリオン」のテレビ放送20周年を記念して運行が開始された、特別車両。

「エヴァンゲリオン」の庵野秀明監督が製作を監修し、

メカニックデザイナーの山下いくと氏が車両デザインをした。

2018年5月13日まで新大阪~博多間を1日1往復運行している。

シンカリオン用語集

漆黒(しっこく)新幹線(しんかんせん)

日本(にっぽん)全国(ぜんこく)新幹線(しんかんせん)路線上(ろせんじょう)にどこからともなく(あらわ)れる(なぞ)新幹線(しんかんせん)。なぜ(あらわ)れるのか、どのようにして(あらわ)れるのかは不明(ふめい)(くろ)粒子(りゅうし)をふりまきながら超高速(ちょうこうそく)(はし)り、通過(つうか)した場所(ばしょ)にあるものを【巨大(きょだい)怪物(かいぶっ)(たい)】に変化(へんか)させる・・。

【シンカリオン】

新幹線(しんかんせん)(ちょう)進化(しんか)研究所(けんきゅうじょ)】が、日本(にっぽん)最先端(さいせんたん)テクノロジーが集結(しゅうけつ)する新幹線(しんかんせん)技術(ぎじゅつ)駆使(くし)し、【巨大(きょだい)怪物(かいぶっ)(たい)】の未知(みち)なる脅威(きょうい)対抗(たいこう)するために開発(かいはつ)した。 【新幹線(しんかんせん)(ちょう)進化(しんか)研究所(けんきゅうじょ)東日本(ひがしにほん)指令室(しれいしつ)】には『シンカリオンE5はやぶさ』、『シンカリオンE6こまち』、『シンカリオンE7かがやき』が所属(しょぞく)する。

新幹線(しんかんせん)(ちょう)進化(しんか)研究所(けんきゅうじょ)

シンカリオンの開発(かいはつ)運用(うんよう)と【巨大(きょだい)怪物(かいぶっ)(たい)】の研究(けんきゅう)(おこな)っている機関(きかん)。10年前(ねんまえ)(あらわ)れた【漆黒(しっこく)新幹線(しんかんせん)】と【巨大(きょだい)怪物(かいぶっ)(たい)】の脅威(きょうい)対抗(たいこう)するために設立(せつりつ)された。世界(せかい)各地(かくち)支部(しぶ)がある。
シンカリオンに関係(かんけい)する情報(じょうほう)一般人(いっぱんじん)には秘密(ひみつ)にされており、表向(おもてむ)きは新幹線(しんかんせん)(かん)する最先端(さいせんたん)技術(ぎじゅつ)研究(けんきゅう)(おこな)組織(そしき)とされている。

新幹線(しんかんせん)(ちょう)進化(しんか)研究所(けんきゅうじょ)東日本(ひがしにほん)指令室(しれいしつ)

『シンカリオンE5はやぶさ』、『シンカリオンE6こまち』、『シンカリオンE7かがやき』が所属(しょぞく)する基地(きち)
埼玉県(さいたまけん)大宮(おおみや)鉄道(てつどう)博物館(はくぶつかん)地下(ちか)にある。(なか)(はい)るためには【Shinca】という特別(とくべつ)なカードが必要(ひつよう)
指令(しれい)(ちょう)出水(いずみ)シンペイ、指導(しどう)(ちょう)(はや)(すぎ)ホクト、オペレーターの三原(みはら)フタバ、本庄(ほんじょう)アカギ、車掌(しゃしょう)ロボットのシャショットなどが所属(しょぞく)している。

(ちょう)進化(しんか)マスコン・シンカギア】

シンカリオンの運転席(うんてんせき)中央(ちゅうおう)にあるコントローラ。【Shinca】と()()わせてシンカリオンの発車(はっしゃ)変形(へんけい)使(つか)う。
【Shinca】をタッチし、レバーを手前(てまえ)()くことでの「モードシンカンセン」のシンカリオンが発車(はっしゃ)。その()、シンカギアを【運転士(うんてんし)】の(うで)装着(そうちゃく)し、一気(いっき)にレバーを()げることで(ちょう)加速(かそく)する。やがて新幹線(しんかんせん)が【(ちょう)進化(しんか)速度(そくど)】に到達(とうたつ)したとき、スロットに【Shinca】をセットすることでシンカギア自体(じたい)変形(へんけい)新幹線(しんかんせん)も「モードシンカリオン」にチェンジする。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. あづみ より:

    自分、鉄ヲタではないのですが新幹線のあの流線型とか鉄塔とか結構好きなんです。
    タカラトミーさんの中の人が金曜の夜とか土曜日になるとものすごく呟いていて、おおっ!見なくちゃってなってます。
    ただ、協賛がJR東日本なんで、リニアさんは出てこないのか・・・ってちょっとソンボリ

    主人公が前向きというかポジティブなエヴァって言われてますよ、タカラトミーさんに。