世界自閉症啓発デーの打合せに行ってきました。

「世界自閉症啓発デー・発達障害啓発週間に係る普及啓発事業」が

4月2日(月)

11:30~13:30

JR甲府駅で行われます。

先日、その打ち合わせに行ってきました。

博士は、

「世界自閉症啓発デー」のイベントに参加することで、

全てが解決するとは思っていません。

冷やかな目で見られているのは、

百も承知です。

でも、

何もしなければ、何も変わりません。

「世界自閉症啓発デー」のイベントはゴールではありません。

むしろ。スタートラインです。

自閉症や発達障害の理解が広がることは、

豊かな社会を作ることにもつながります。

自閉症や発達障害の問題は、

自閉症や発達障害だけの問題ではない。

特別なことではない。

人間の無限の可能性を信じ、

一人一人が尊厳を輝かせて行く姿を

互いに認め喜び合う生き方ーーー

それが、「共生の社会」の源泉となる。

自閉症や発達障害の理解が広がることで、

誰にでも優しい、生きやすい、幸福感に包まれた社会の実現に近づけると信じています。

ーーー生意気だとは思いましたが、

そんな博士の思いを行政の方々に伝えて来ました。

自閉症の家族会の方は、

「世界自閉症啓発デー」で行った

毎回の博士の講演の動画をスマホに保存していて、

辛くなった時にはそれを見て自分を鼓舞しているそうです。

そういう話を聞くと、

何が何でも頑張らなくてはと奮い立ちます。

実際、自閉症や発達障害を抱えたご家族の皆さん、

学識経験者や行政の専門家の前で話すのは、

とんでもないプレッシャーです。

博士は、自閉症や発達障害についてそんなに知っているのだからと

行政の方からも云われますが、

資料を借りて来ました。

博士のこだわりがあり、

毎年、最先端の内容を踏まえて話したいのです。

そのために、

毎年、関係する本を読みます。

誰かの役に立ちたいから、

真剣勝負で臨みます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする