人と人 甲斐の国に春を呼ぶ「おみゆきさん」

甲斐の国にを呼ぶお祭り 「おみゆきさん」

 

甲斐の国に春を呼ぶとくればーーー

サクライザー!!

今から約1200年前の平安時代から、

度重なる洪水に悩まされていた甲斐の国司は朝廷に願い出て

浅間神社の神輿を釜無川に渡御させお祭りをするようにしたところ、

大きな効力があったとされ、

以来このお祭りは今日まで続いています。

武田信玄公も自身の治水事業の一つとしてこのお祭りに力をいれ

自身が祭主となり神幸を行ったと言われています。

4月15日(日)

7時から神事

朝7時40分浅間神社出発

11時10分まで一宮町内で神輿は担がれます。

桃の花満開の中をきらびやかに輝く神輿の勇姿が見られます。

昼 12時45分から15時 甲斐市竜王釜無川土手にて、

二宮・美和神社(笛吹市御坂町)、三宮・玉諸神社(甲府市国玉町)の神輿の先頭をきって 笛吹市一宮町浅間神社の神輿が賑やかに土手を踏みしめながら渡御します

同時に 平安時代から続く、水の災いが無い様にとの「水防祈願」がおこなわれます

夜 16時頃から19時頃 笛吹市一宮町浅間神社の神輿はふたたび氏子の区内に到着 夕映えの桃源郷の中をきらびやかに担がれていきます

夜7時を過ぎて、神輿が帰って来ました。

担ぎ手たちの地域により、

毎年帰ってくる時間が異なります。

(担ぎ手たちの地域を隅々まで回ってから帰ってくる。4年に1回地域に担当が回ってくる)

その1 神輿の重さは700㌔とも800㌔ともいわれています。現在も神輿は昭和51年(1976年)に新調されました。

その2 担ぎ手は皆男性です。女性は担げません。そして、神様が美人の神様(木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)なので、失礼の無いように衣装は、江戸時代から女性の服装で担ぐしきたりです。現在は赤や黄色の色とりどりの浴衣(これを`おそろい`と言います)を着て担ぎます。

その3 同じ理由で、美人の神様に失礼の無いよう、男性ですが皆、顔にはお化粧をし、きらびやかに担ぎます。

その4 「そこだい」のかけ声 笛吹市一宮町浅間神社の神輿のかけ声は「そこだい」と言います。神輿の渡御は県内の御幸では最長の往復50㌔になります。重い神輿を担ぎながら、担ぎ手は、目的地はもうそこだ!そこだ!と言う声が神輿のかけ声になったと言われています。

その5 独特の足付き これは「百聞は一見に如かず」です。信玄公の時代から神輿渡御の行列に、治水事業の土手をしっかり踏み固めさせようと、この独特のステップを踏む足付きになったと言われています。

互いに健闘を讃え合った。

かくして、男たちの戦いは、無事終了したのだった。

昨日の「桔梗屋工場祭り」の「甲州戦記サクライザー ショー」2本。打合せ、原稿の執筆。今日の「桔梗屋工場祭り」の「甲州戦記サクライザー ショー」2本。浅間神社で5時間の及ぶグリーティングから帰還しました。早朝から深夜までどっぷり堪能(笑)

土曜日曜の桔梗屋工場祭りの「甲州戦記サクライザーショー」計4回。

そして、浅間神社のおみゆきさんまで駆けつけてくれた御家族もいらっしゃいました。感謝。

「最近ちょっとありまして、 サクライザーを娘と見に行ける幸せを かみしめておりました。 サクライザーからは色々頂いてます。こちらこそ感謝です。」と声を寄せられました。

皆さんの幸せに、少しでもお役に立てたのなら、博士も幸せです。

ここでも、たくさんの人に会いました。

先日、武川の神代桜に行きましたが、

日本三大桜 神代桜 サクライザー

そこでお会いした人にも会えました。

神代桜に滞在したのはわずかな時間だっただけに、ビックリです。

小学生の女の子たちも、

「(浅間神社の)七五三で(一緒に)写真を撮った!」と声をかけてくれます。

また、別の小学生の女の子は、

「この間、プ○キュアの背中にチャックがあった。お金を出した甲斐がなかった!」と云われた。

”おカネを出した甲斐がない”って云うんだ、小学生は。

チャックがあったって、プ○キュアはプ○キュアに変わりはねえじゃねえか!と、心の中でつぶやいた。プ○キュアかどうかは、心の問題。(←ホントにそうなのか(笑))

以前、甲府の駅前で「サクライザー新聞」を手渡ししていた女性にも会えました。最初出会ったとき、彼女は、美デ科の生徒だった。久しぶりに会った彼女は”やっぱり、絵にこだわっていきたい”と、環境を変えるとのこと。いろいろな葛藤があっただろうが、次に会う時が楽しみである。

年配のおばあちゃんにも喜んでもらえた。

写真に収まり、「どうかお元気で、長生きしてください」、そう云って握手すると、

博士の目を見て、

「あなたは幸せになれる。私には特別な力がある」と云われた。

お連れの女性は、”なに、急に云い出すの!”と云う感じだった。

「(私はあなたを)信じます」。博士は、そう云うのだった。

果たして、博士にも春はやって来るのでしょうか(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする