マンマメルカートでうちわを作ってみました

「マンマメルカート」

4月29日(日)10:00 ~ 15:00

アイメッセ山梨 で行われ、

クライザー工作体験が開催!!されました。

「マンマメルカート」とは、

女性達の笑顔が社会を変える。
人とつながることで自らの価値に気づき、自信をもち、着実に夢に向かって一歩一歩活動の幅を広げていく、そんなスタートラインのマルシェ。

7年前から女性たちのはじめの一歩を応援するマルシェ マンマメルカートママたちの市を開催してきました。

雑貨・アクセサリー・服・パン・焼き菓子・リラクゼーション等々・様々な女性のお店が並び、特に女性の企画、運営ならではのお楽しみポイント!が登場。
また、当日の会場では出展する女性を手伝う男性や子供たちの姿、また、子供たちが女性のブースの傍らでお店屋さんをするというのマンマメルカートならでは光景がひろがります。

今年は、昨年の2.5倍の200ブースの出展があり、

来場者は5,000人を超えました。

開場の10:00には、すでに行列が出来ていて、

並ばないと入場できませんでした。

「甲州戦記サクライザー」も緊急参戦しました。

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

夏を先取り!

オリジナルうちわを作ろう!!

こ、これだったのか!?

博士は、会場に来て、

初めてやる内容が分りました。

ちょっと、お手伝いに行けばいいかなと思っていたら、

博士も来ると謳ってあって、

ちょっとびっくり(笑)

色を塗って、

貼り付けると、

はい、こんな感じのうちわが出来ます。

夏が待ち遠しいですね(笑)

もちろん、

どんな色づけにするかは、

お任せです。

子どもたちのセンスが、キラキラ光っていました。

工作コーナーは屋外で、

子どもたちに混じって、

サクライザーも参加しています。

サクライザー お絵描き中!!

サクライザーと博士は、

うちわ作りの他、会場を練り歩いたり、

リズムオブラブによる「こうふ開府500年記念健康安全女士『キューティーウーマン』」(初お披露目)が登場した、子どもや女性による「かけがえのない命を自分で守れる心と体づくり」のパフォーマンスに飛び入り参加しました。

ちなみに、博士は、パフォーマンス中に、

張り切り過ぎて、

グギ!!!!!!!

腰を痛めてしまった。

ここから、博士は、

出来の悪いロボットのような動きとなり、

激痛と戦う日々が始まった。

『おはようごいす!ボク、ロボズラー。いろいろあった4月も今日で終わりだね。博士は、腰を痛めて、安静中だよ。起きるだけで、ものすごく時間がかかって、全身から脂汗を流し、やっと立ち上がったと思ったら、貧血で倒れた(笑)この動き、怪しい生き物を見ているようだったよ。』

『お大事になさってくださいね。 腰は、ちゃんと治さないと危険ですよ。 ぢつは、経験者・・・貧血も経験してます。』

『ありがとうございます。貧血は焦りました。一体ナニが起きたか分らなくて、あ~こりゃ貧血だと後で分かり、ちょっと安心しました。』

『貧血、甘く見ちゃいけません。 自分数値が10を下回り、結構大変な思いをしました。友人は入院しましたよ。 太ってるから息切れするのかと思っていたらそれが症状の一つで。 保健師さんから怒られましたよ。』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする