『ラプラスの魔女』

凶器は知性 ×  動機は愛 × 殺人を証明せよ

『ラプラスの魔女』は、

東野圭吾のミステリー小説を、

アイドルグループ嵐の櫻井翔主演で実写映画化した話題作。

<あらすじ>

赤熊温泉村と苫手温泉で、連続して硫化水素による中毒死体が発見されました。 2つの現地調査を依頼された地球科学研究者の青江教授(櫻井翔)は、それぞれで調査を行いますが、どちらでも致死量に値する硫化水素を確認する事ができません。しかし、この両方の温泉地で、青江はある少女に出会います。 少女は円華(広瀬すず)といい、青江に事故現場に連れて行ってもらうように頼みます。彼女が温泉地を調べている理由が「青年を探している」という理由を聞いた青江は、渋々現場へ連れて行く事にします。そして、そこで彼女の予知に長けた能力を知ることになり……。

一方、被害者の映画プロデューサー・水城義郎と俳優・那須野吾郎が直接的な共通点はないものの、映画監督・甘粕才生(豊川悦司)と共に仕事をした事がありました。それを知った中岡(玉木宏)は、才生のブログを読む事にします。そこには、彼の家族が硫化水素ガスで亡くなっている事、唯一息子の謙人(福士蒼汰)だけが生き残っている事が記されていました。 その事を青江に伝え、殺人事件である可能性を改めて強調する中岡。しかし、青江は中岡から見せてもらった才生の若き日の写真に引っかかり……。 彼は、円華が探しているという青年にそっくりだったのです。

円華が探している青年が「甘粕謙人」である事がわかった青江は、円華に話しますが「関わらないで」と相手にしてもらえません。青江のしつこさにしびれを切らした円華は、事故当時の状況を再現して見せてあげると公園に青江を呼び出し、交換条件として今後一切関わらない事を約束させます。 円華の実験により、「ありえない」と考えていた状況を目の当たりにした青江は、殺人である可能性を知ることとなりました。 しかし、その実験の後、円華のボディーガードに突然取り囲まれた青江と円華は、彼女の暮らす理数学研究室に連れて行かれることに。そこで、青江は円華の父・羽原全太朗に出会い、彼女と謙とは同じ脳手術を受け、ラプラスの悪魔の力を手に入れたこと、円華は母親を竜巻で亡くしたことを知ります。 彼女のことを知った青江はこの一連の件を口外しないことを約束し研究室を出ようとすると、目の前に逃亡しようとする円華の姿が。 研究室を抜け出そうとする円華に車の運転を頼まれた青江は、彼女の指示するパーキングエリアへ向かうと、水城義郎の妻・千佐都(佐藤江梨子)が現れます。彼女の後をつけると、甘粕才生の暮らす老人ホームにつきました。 才生を乗せた車を続けて追う青江と円華。途中、公安の妨害も入りますが、円華のボディーガードに助けられ目的地の屋敷まで尾行することができました。 才生を送り届けた千佐都が立ち去ろうとすると、突然才生は千佐都を殴りつけ、意識を失った彼女と共に屋敷の中に入っていきます。謙人が硫化水素で自分を殺そうとしていると予想し、それを阻止するために彼女を道連れにしたのです。 そこで謙人と再会し、才生は「いつから俺が、家族を殺したとい知っていた?」と質問。「植物状態の時から知っていた」という謙人に、殺した理由を、持論を展開しながら正当化する才生。 一方、謙人の狙いがダウンバーストであることを知った円華は、自分の力ではどうにもできないとパニックになってしまいます。青江に勇気づけられた彼女は、車を指定の位置に動かすように指示すると、屋敷の中へ走って行きました。 「伏せて!」と叫びながら屋敷に入る円華。彼女の叫び声と共に、暴風に乗せられて車が飛んできます。強風が吹き荒れる屋敷内。建物の一部が破損し、皆が下敷きになりますが、全員命に別条はありませんでした。 円華の姿に驚いた謙人ですが、それでもまだ才生を殺そうとします。しかし、円華に止められてしまい、彼は姿をくらまします。 この一連の事件は、謙人による意図的な犯行でしたが、謙人の手術は世界を揺るがす大手術であるため、国の指示で何事もなかったように扱われました。 そして数日後、才生が自殺したことを青江はTVのニュースで知るのでした。

さてさて、

映画館で、予告編を見て、

“自然現象を利用して殺人を犯す”面白そうだと思い足を運んだのですが、

きっと、

原作本は面白いに違いないーーー

というのが率直な感想。

この映画、そもそも、主演はダレ?

おそらく中途ハンパな大学教授・”青江修介”(桜井翔)ではない。

きっと広瀬すずが演じる、”羽原円華”(うはら まどか)だろう。

そもそも、タイトルが「ラプラスの”魔女”」だし(笑)

さらに同じく謎の能力者である”甘粕謙人”=福士蒼汰もいる。

むしろ事件を追いかけているのは、刑事・中岡祐二(玉木宏)のほうである。

『脇役であるはずの櫻井翔をメインに押し出した予告編やプロモーションにミスリードされ、

原作未読だと、なにがやりたいのか分からない、謎だらけの映画である』

『SFミステリーを目指している?どんな実験か知らないが、脳神経手術後にスーパーコンピューター並みの能力を身につけるって、”もっともらしさ”に欠けている。まだ”X-MEN”のように、先天性の突然変異のほうがフィクションとして夢がある。

ほどなく、計算によって気候変動を読みきり、事件となる現象を起こす能力だということがわかってしまうので、なんらハラハラしない。 登場人物が少ないので、犯人も動機もおおよそモロバレする。』

という指摘は当たっている。

桜井翔演じる青江修介が、大学教授に見えないのが、致命的。

尺の使い方がもったいない。

例えば、

阿部 寛ばりの絡みつくような灰汁(あく)がなければ、無理!

志田未来や高嶋政伸などのキャストも見せ場も無く終わってしまった、

もったいない。

ほんと、高嶋政伸はもったいない。

『ラプラスの魔女』の使い方も、もったいない。

映画のタイトルにある『ラプラスの魔女』は、19世紀フランスの数学者ピエール=シモン・ラプラスが提唱した内容が元になっています。

あらゆる知性を備えていれば、今から起こる自然現象を予知できるというものです。

つまり、世界に存在する全ての原子位置運動量を知ることができるような知性が存在すると仮定すれば(ひとつの仮定)、その存在は、古典物理学を用いれば、これらの原子の時間発展を計算することができるだろうから(別の仮定)、その先の世界がどのようになるかを完全に知ることができるだろう、と考えた。この架空の超越的な存在の概念を、ラプラス自身はただ「知性」と呼んでいたのだが、後にそれをエミール・デュ・ボワ=レーモンが「ラプラスの霊(Laplacescher Geist)」と呼び、その後広く伝わっていく内に「ラプラスの悪魔(Laplacescher Dämon)」という名前が定着することとなった[1]

この概念・イメージは、未来は現在の状態によって既に決まっているだろうと想定する「決定論」の概念を論じる時に、ある種のセンセーショナルなイメージとして頻繁に引き合いに出された。

「全てを知っており、未来も予見している知性」については、遙か昔から人類は意識しており、通常それは「」と呼ばれている。「全知の神」と形容されることもある。そのような存在についての様々な考察は、様々な文化において考察された歴史があるが、ヨーロッパの学問の伝統においては特に、キリスト教神学スコラ学が行っていた。デュ・ボワ=レーモンはそのような学問の伝統を意識しつつ、あえて「神」という語を、「霊」という言葉に置き換えて表現している。

そんな知性を手に入れたら、

普通は、”神”だとか云いだしそうなものだが、

硫化水素を使った”復讐劇”ぐらいにしか使われないとはーーー

なんだかもったいない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする