「桔梗信玄生プリン」山梨横断☆応援キャラバン

只今、JR東日本では、

JR東日本おみやげグランプリ2018が開催されています。

東日本管内1都16県から、

100種類を超えるおみやげが勢揃い。

山梨からは

あの桔梗屋が贈る、とろける絶品プリン

桔梗信玄生プリン

がノミネートされています。

投票しよう!JR東日本おみやげグランプリ

プリン伯爵こと

プリン好きのロボズラーが

大好きなので、

ツイッターでは飽き足らず、

JR東日本おみやげグランプリ

「桔梗信玄生プリン」山梨横断☆応援キャラバンを

”勝手に”はじめました(笑)

7月7日(土)コース

大月駅前~猿橋~甘草屋敷~塩山駅前~石和駅前~甲府駅前

JR大月駅前

JR大月駅前

「何かの撮影ですか?」

大月駅前の桔梗屋さんのお店の方に声を掛けられました。

「桔梗屋信玄生プリン山梨横断応援キャラバンに来ているんですよ」

と云うと、

「サクライザーですね。プチカステラのパッケージが変わったんです」と教えてくれた。

更に美味しくなった

新パッケージの「サクライザー プチカステラ」をよろしくお願いします。

サクライザー プチカステラ

いつもお世話になっている

大月観光案内所にも「サクライザー新聞」を持ってご挨拶してきました。

「甲州戦記サクライザー」のテレビシリーズでもお馴染の

猿橋。

とっても懐かしかったです。

猿橋

江戸時代には「日本三奇橋」]の一つとしても知られ、甲州街道に架かる重要な橋であった。猿橋は、桂川(相模川)の両岸が崖となってそそりたち、幅が狭まり岸が高くなる地点にある。幅が狭ければ橋脚を河原に下ろさずに済み、それが高所にあれば水位が高くなっても川の水に接しない。このような地点に架橋できれば、大水の影響を受けずに済む。しかし、そのためには橋脚なしで橋を渡す技術が必要である。こうした条件では吊り橋が用いられるのが常だが、江戸時代の日本にはもう一つ、刎橋という形式が存在した。

刎橋では、岸の岩盤に穴を開けて刎ね木を斜めに差込み、中空に突き出させる。その上に同様の刎ね木を突き出し、下の刎ね木に支えさせる。支えを受けた分、上の刎ね木は下のものより少しだけ長く出す。これを何本も重ねて、中空に向けて遠く刎ねだしていく。これを足場に上部構造を組み上げ、板を敷いて橋にする。猿橋では、斜めに出た刎ね木や横の柱の上に屋根を付けて雨による腐食から保護した。

猿橋

甘草屋敷

甘草屋敷(かんぞうやしき)は、山梨県甲州市塩山上於曽(かみおぞ)にある江戸時代後期に建築された民家で、国の重要文化財に指定されている。重要文化財指定名称は旧高野家住宅

高野家はこの地で長百姓(おさびゃくしょう)を務めた家柄で、代々「伊兵衛」を名乗り、幕末には名主として苗字帯刀が許されていた。高野家は江戸幕府に納める甘草を栽培していたことから、甘草屋敷と呼ばれている。

高野家住宅の主屋は切妻屋根の前面上部に2段の突き上げ屋根を設けた甲州民家と呼ばれる、この地方特有の建築である。江戸時代後期の建築で、蔵などの付属建物や宅地も含め、重要文化財に指定されている。

JR塩山駅

塩山駅では、

県外からの観光客の方に声を掛けられました。

ロボズラーを見て、

「ロボコンかなんかですか?」

山梨の人気ご当地ヒーロー番組を説明して、

一緒にカメラに納まりました。

とっても、喜んで頂けました。

「JR東日本おみやげグランプリ」のPRもしっかりしてきました。

JR石和温泉駅

「博士!!」

石和駅では、しまむらでお買い物を済ませた親子に声をかけて頂きました。

今日のしまむらは紳士物も安いそうです(笑)

さらに、石和駅ではすれ違った女子高生達が

「見たことある!!」と大はしゃぎでした。

JR甲府駅

JR甲府駅 信玄公像前

今日も「桔梗信玄生プリン」山梨横断応援キャラバンで

行く先々の方々と

たくさんお話しすることができました。

ありがとうございました。

少しでも、

「JR東日本おみやげグランプリ」の関心が高まってくれたら幸いです。

桔梗屋さんのHP  から一日一票投票できます。

「JR東日本おみやげグランプリ」、

とろける絶品プリン『桔梗信玄生プリン』の応援をヨロシクお願いします。

頑張りましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする