聞いた?「リンちゃん」の「ちょびちょびしちょし」

6月30日(土)7月1日(日)に

甲府駅北口広場で開催された

YBS山梨放送開局記念イベント

ててて!ラララ祭り。

その日、博士は、

「甲州戦記サクライザー ショー」出演のため会場にいた。

ステージ裏で女性と挨拶を交わしました。

“ハテ、誰だったっけ?”

彼女が何者であったかは、

彼女がステージで一言発しただけで、

直ぐに分った。

『ゆるキャン△』の志摩リンだ!!!!!!!

声優さんってスゴイ!!!と思った。

その声を聞いただけで、

『ゆるキャン△』の映像が頭の中に広がった。

そんなワケで、

テレビアニメ『ゆるキャン△』の志摩リン役を演じた声優東山奈央さんを

ゲストに迎えたYBSラジオ「Doing」の公開放送が

6月30日、JR甲府駅北口広場で行われた。

東山さんは、山梨県内を訪れたエピソードや作品への思いを語った。

東山さんが「リンちゃん」の声で発言するたびに、

会場は『ゆるキャンパーさん』の大歓声に包まれた。

番組の冒頭、

アニメの舞台となった場所を訪れていたことを明かした東山さん。

山梨市の笛吹川フルーツ公園や、

ほったらかし温泉にも出掛けたという。

平日にもかかわらず「多くの『ゆるキャンパーさん』がいた」と振り返り、

「私もここにいるよ、と思った」と当時の心境を明かした。

『ゆるキャン△』のファンの人を『ゆるキャンパーさん』と呼ばれ、

身に付けているキーフォルダーで見分けが付くのだという。

さらに、番組パーソナリティーの要望を受け、

「リンちゃん」の声で甲州弁に挑戦した。

「ちょびちょびしちょし」

会場に向って、

「調子にのってください」と呼び掛けてから、

「ちょびちょびしちょし」(cv.東山奈央) wwww

(「ちょびちょびしちょし」は、「調子に乗るなよ」の意味)

やべー!!!

もろ、響きがカワイイ!!!

甲州弁最高!!!!

いまだかつて、こんなにカワイイ甲州弁は聞いたことがなかった!

甲州弁のイメージをくつがえした衝撃的な瞬間だった。

「甲州戦記サクライザー」の「ちょびちょびしちょ」

『ゆるキャン△』の「ちょびちょびしちょし」。

山梨を満喫できる画期的な企画だった。

『ゆるキャン△』の主題歌「SHINY DAYS」の口パクとアドリブのダンスも可愛くて、会場も大喜びでした。

そんな博士の姿が、

『博士がラララ団扇扇ぎながら、東山奈央さん見てる 』と

めいめいさん 

にツイートされてしまった(笑)

そして、YBS山梨放送にて「ゆるキャン△」再放送が発表されました!

7月21日(土)より放送開始となりますので、見逃してしまった方や、もう一度見たいなという方々は是非ご覧ください♪

09:30 ~ 「ゆるキャン△」

(#1、#2)「ふじさんとカレーめん」「ようこそ野クルへ!」

「テテテ!ららら♪祭り」と云えば、

休み明け出社すると

会社の人から

「スケジュールをちゃんと教えて!」と云われました。

てててららら祭りに日曜日に行ったのですが、

この日会場でやっていたのは

『快盗戦隊ルパンレンジャー VS 警察戦隊パトレンジャー』

「サクライザーじゃない!!!」と小学3年生の子どもから怒られたそうです。

「甲州戦記サクライザーショー」は土曜日だけでした。

そういうケースは多々あったのだと思います。

さすが、山梨の子どもは違うと思いました。たのもしく思えました(笑)

あの日の桃井しおりは、凄かった。

アクシデントをものともせず、

県外からの大きなお友だち(『ゆるキャンパーさん』)を沸かせていた。

ショーの後の写真撮影会の際、

「お姉さんが最高だった!」。

感極まった男性から声を掛けられていた。

写真:kazu さん

写真:kazu さん

写真:kazu さん

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする