誰かとどこかで 【マジックナイト】

SONY DSC

12月3日は、奇術の日。

プロマジシャン水野翔によるマジック&ディナーショー

『ワン・ツー・スリーマジックナイト』が、

毎年、幸せの丘ありあんすで行われている。

サクライザー&博士は、

2年連続で出演させていただいた。

2015年12月3日、

サクライザー&博士に

司会の野村富美江(FM-FUJI)さんを加え、

山梨を代表するお笑いマジックトリオが再結成された。

本格的な水野翔さんのマジックの前に、

爆笑トーク&マジックをさせていただきました。

しかし、

サクライザーを知らない、

イケメンマジシャンによる

マジックやイリュージョンを楽しみにしているお客様の前で

どんなパフォーマンスが出来るか、

絶望的なまでに高いハードルでした。

が、そこはそれ、博士ですから、ピンチになると、

例の怪しい力が湧いてくる(笑)

ジャーン!!どうですか、このテーブル。

さっき、水野翔さんの控室から、

内緒で、こっそり持って来ちゃったやつです。

いかにも、マジックをやるみたいでしょ!

これだけでも、

今年はマジックが成功するような気がしませんか」

「マジックと云えば、

山日新聞。

なぜか分かりますか?

ほらココに、

“クリスマスナイトフライト”の広告が載っているじゃないですか。

この新聞に水を注ぐと……

安心して下さい。濡れていません!」

マジックが成功して、

一番驚いていたのは、

間近で見ていた野村富美江さんだった。

その喜びたるや。

この後、コップの水を空にするマジック。

会場中から、「もっと水を入れろ!」という声が掛かり、

大いに盛り上がる。

最後にサクライザーが、

“本当に”水を消して、

驚きとともに割れんばかりの拍手に包まれた。

この時の模様は、FM-FUJI 【GOOD DAY】でも紹介されました。

イベント終了後、

水野翔さんの控室にお礼に伺った。

調子に乗った博士はーーー

「水野翔さんに、マジックを習ったって云っていいですか」

「いいですよ」

「水野翔さんの弟子を名乗ってもいいですか」

「いいですよ」

プロマジシャンの水野翔さん

笛吹市在住

中学生の時にテレビでマジックを見たことをきっかけに、

地元のマジシャンに習い始め、

2005年にジュニアマジシャンコンテストで入賞。

以降、数々のマジックコンテストに参加し、入賞。

現在は県内外でマジックショーを行い、

マジック教室を開講するなど後進の指導にもあたっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする