神明の花火と愉快な二人

神明の花火大会2018

「博士~~!!」

神明の花火会場。

打ち上がる花火を眺めていると、

後ろから博士を呼ぶ声がした。

誰だろう?

こんな真っ暗な人ごみの中で、

博士に気付くとは……

余程の博士フリーク、もしくは、

かなりの【手足れ/手練】(てだれ)に違いない!!!(笑)

声の主は、

野村富美江さんだった!!

いつもの、ふ~みんの笑顔がそこにあった。

こっちこっち!と呼ばれたのでお隣りへ。

野村富美江さんは、

花火好きが高じて、

日本各地の花火大会のナレーションもやっています。

そんな野村さんですが、

神明の花火大会は初めて。

―――なので、大量の食糧を買い込んできていました(笑)

しかも、時間がなかったので、

東京を出るときに購入してきました。 ←意気込みが違います。

博士も、お腹がいっぱいになるまで、頂きました(笑)

しかし、神明の花火大会は、

花火を観るのが忙しくて、

なかなか食べる余裕がありません(笑) ←個人差があります。

野村富美江さんと云えば、

博士の遊び方(いじり方)を、完全にマスターしており、

おそらく、それは、”関西の血”のなせる技なんだと思う(笑)

この日も、

花火大会の喧騒の中で、

“花火に驚く顔”(俗にいう、“変顔”)をスマホで自撮りしようということに

野村富美江さんと博士のドアップの写真。

最初は、タイミングがつかめなかったので、

博士的には不完全燃焼。

そして、あろうことか、野村さんに負けていた。

顔芸で生きてきたと云っても過言でない博士にとって、

これは、あってはならない事態。

裏を返せば、どれだけ野村さんの変顔が素晴らしいかということ。

普段の清楚なイメージとのギャップが、

素敵過ぎます(笑)

リベンジ!!!!

3回ほど自撮りしたところで、

お互いに納得の、渾身の仕上がりとなりました。

傍からみると、

二人の”満足”の意味が理解されないと思いますが……

ちなみに、

秀逸な作品ですが、

その最高傑作を、アップしても大丈夫なのか迷っています。

博士的には、問題がないのですが、

野村さん的には如何なものか(笑)

ちなみに、

野村富美江さんは、その写真を、

待ち受け画面にするそうです(笑)

「どんなに辛いことがあっても、頑張れそうです」と云ってました。

野村 富美江

DJ・MC歴20年 ナレーター歴10年。
「言葉を伝える=想いを伝える」という根本を信念に活動中。

コミュニケーション力に長けており、インタビュアー/トークショーMCなど著名人からの指名も多く、現場でのリピート率が非常に高い。持ち前のバイタリティー、コミュニケーション力を活かし講師としても活躍。専門学校や芸能プロダクションの講師、企業向けマナー研修講師、 婚活セミナー(男女)など、その活動は多岐にわたる。

『好きをカタチにしたい』という思いから興味を持った事は資格を取るまで学び、現在までに20種類以上の資格を取得。近年は、ピンクリボンアドバイザー初級を取得。

自身の体験を元に、ガン治療と向き合う人々に向けて心と身体のケアをサポートする活動を推進している。

協力:「幸せの丘ありあんす」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする