山梨の夏 浴衣降臨「甲斐いちのみや大文字焼き」

画像に含まれている可能性があるもの:4人、、スマイル、オンステージ(複数の人)、屋外

写真: さん

「甲斐いちのみや大文字焼き」

8月16日(木)、いちのみや桃の里ふれあい文化館前で、

甲斐いちのみや大文字焼きが開催されました。

江戸時代から続く夏の風物詩に、

今年も市内外からたくさんの方が訪れました。

祭りのオープニング YURIKAさんのライブ

画像に含まれている可能性があるもの:2人、立ってる(複数の人)

ギターが良かった。

夏を意識した選曲も良かった。

ささやかな幸せ祈ってる「見上げてごらん夜の星を」は、

お盆にふさわしい楽曲だと思った。

(桃井しおり、バラザワサラの浴衣姿に)

「馬子にも衣装ケースだな」

(いつもと違う着物姿の邪鬼礼威子に向かって)

「分った!洗たくが乾かなかったんだろう!」

夏祭りですから…

桃井しおりの浴衣は、

チーム・サクライザーのメンバーが、

30年前に中学生だった時に、

お母さんからもらったもの。

その話を聞いて、

日本の着物文化の良さを感じました。

消費社会にあって、

とっても、贅沢なことではないだろうか。

「甲州戦記サクライザー」主題歌を歌う」

PaletteGardenによるライブ

『サクラ・バス』で、突然中学生によるヲタ芸が始まった。

会場がヒートアップした。

サクライザーや桜牙も、かすむほどだった(笑)

サイリウム振り盛り上がる客席。

人、人、人で埋め尽くされた「甲斐いちのみや大文字焼き」。

本日2回目の「甲州戦記サクライザーショー」、

演者冥利に尽きます。

さて、ここでクイズです。

写真: さん

大文字焼きでのショーには、

いつもコダワリがあります。

戦闘シーンの最後、

何を表現しようとしていたかわかりますか?

お祭りの名前が、

”大文字焼き”なので、

今までは、

”必殺!大文字斬り!”等の技を決めました。

さて、今年はーーー

サクライザー、神楽<KAGURA>、ライガ、グモラで、

『大』を表現しました。

山梨県立笛吹高等学校すいれき太鼓

とても、良かった。

「頑張ってください!!」、

控室の近くですれ違った時、

すいれき太鼓の女子高生たちが声を掛けてくれた。

気持ちの良い子たちだった。

画像に含まれている可能性があるもの:夜、花火

祭りが終わって、

会場で撤収作業が行われているなかで、

お客さんと、

先日のシンカリオン

夢だけど!夢じゃなかった!『発進!!シンカリオン 500 TYPE EVA』第31話

を巡って話し合いました(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする