えっ、みやぞん?「石和二十日祭」に見た温泉文化

「石和二十日祭」とは、

どんな祭りか?

あづみ

『今夜は石和の二十日祭り。

祭りは好きだし、石和のあの感じは結構楽しい。

だけど、神輿!神輿がないんだよ。

いろんな大人の事情でああなってこうなったのは知ってる。

でも、あの神輿、すごく重さあるから素人には担げないんだよ。

あの神輿を見たいただそれだけなんだよ。』

そんな祭りらしいです(笑)

かつては、

大乱闘事件を起こし、

以後、

詰め所に酒はご法度になったとか……

それはさて置き、

「石和二十日祭」は、

市部通りを19:30から22:00まで歩行者天国にして行われます。

21日の石和花火大会の前夜祭。

地区ごとに、

同時多発的に

親父バンドや高校のチアリーディーング、木遣り、太鼓、三味線……

パフォーマンスが行われます。

祭り会場は、

地元の人にも

どこから来ているのか分らない

人たちで溢れかえります。

それは、リハ前の、

その一言から始まった。

「みやぞんって、(桜井)ケータさんに似ているよね。

みやぞんがケータさんにしか見えん」

みやぞん

生年月日: 1985年4月25日(33歳)

東京都足立区出身。東京都立荒川商業高等学校卒業

ギターやピアノは、コードや音楽理論を知らないまま弾き始め、当時から耳コピーのみで楽曲を再現できた]。ギターは専ら独学で、勘のみで弾いている。ギターの教本でコードを覚えようとしたところ、かえって弾けなくなったこともある。ちなみに教本を見るまでAmのコードは自分が開発したと思っていた

2018年8月25~26日放送24時間テレビ 「愛は地球を救う」のチャリティーマラソンランナー(トライアスロン形式)に選ばれた。

そんなワケで、

「甲州戦記サクライザーショー」の中で、

「なんだこの声は、聞き覚えがあるぞ!」

路上の客席の中から現れた桜井ケータを見つけた

博士が、

「あっ分った!トライアスロンの人だ!」

「みやぞんじゃねえ!」と桜井。

このやり取り、

お客さんに分かるかな?と心配したが、

(サクライザーショーは、時として、お客さんを置いてけぼりにすることがあります)

前列の子どもたちにウケだ!!!!

たぶん、

夏休みでテレビをいっぱい見ていて、

みやぞんや24時間テレビのCMになじみがあったのかもしれない。

ショーのエンディングでも、

「やっぱり、みやぞんでしょ」

「みやぞんじゃねえ!」と桜井。

ショーの最中のネタやアドリブを

エンディングに蒸し返すのは、

博士の行動パターン。

写真:ミーカ さん

この日は、

いつものステージイベントとは異なる路上のため、

セッティングに苦労した。

特に、音響にアクシデントが。

そんな中で、みんな頑張りました。

(後日、音響機材の故障だったことが判明した。

この十年、最初から使い続けてきた機材だった)

本番直前まで、

台本を変えたので、

結構、演者は大変だったと思います。

いつもながら、

いくつものことをこなしながら、

あの状況下で出来てしまうのが凄いと思います。

ショーが終わった後は、

市部通りを練り歩きです。

喜んで頂けるのですが、

酔っぱらいにからまれるというか、

危険が伴います。

<月曜からお祭り>

【石和二十日祭】にお運び頂き、ありがとうございました。

市部通りの練り歩きの最中、

小さな女の子が、サクライザーに、

「お風呂入ってね」と云ったのが、

すごく可愛くて印象に残っています。

女の子の優しさを育んだ家庭が偲ばれます。

これは決して、

サクライザーが汗臭かったという意味ではない。

お疲れ様というニアンスだと思う。

お風呂のに入って、身体をいたわって下さい。

さすがは、温泉場・石和だけのことはある。

小さな女の子にまで温泉文化が浸透している。

二十日祭でお会いできた皆さん、

ありがとうございました。

さて、時刻は3:00AMを回りまして、

ようやく、「サクライザー新聞」の原稿を書きあげました。

本日も、怒涛の一日でした。

ロボズラーも、疲れたのか、押し入れで寝ています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする