米倉涼子の酒場放浪記inスペイン 

ぴったんこカン・カン 2018/9/7放送

米倉涼子と酒場放浪記inスペイン 

美食の街ではしご酒

米倉涼子がスペインでバル巡り

ちなみに、9月8日はスペインワインの日!

ワインの原産地呼称統制法の元となっている、

ワイン法が制定された日にちなんでいるそうです。

スペインはワインの生産量、ぶどうの育成面積が共に一番!

種類も多く、リーズナブルで手軽に美味しく飲めるのが特徴なのだ!

米倉涼子さん、

なにがスゴイって、

たった4ヶ月の勉強で

あんなにスペイン語がペラペラなこと。

恐るべし、女優の集中力!!!

地元の人と、物おじせず話そうとするのがいい。

米倉さんの人間力を感じました。

『本場ってこういうことなのか!

市場の生ハムの試食にワインが出てくるなんて、

スペインって素敵だわ(笑)』

『スペインの畑に興味深々。

まるでカボチャ!

なんか、スペインのトマト、デカクねえ(笑)』

米倉涼子がスペインで巡ったお店

ディナーの買い出し 

「アバストス市場(Mercado de Abastos)」

  • スペインでディナーの買い出し
  • 生ハムとチーズを購入
  • エビを購入
  • オリーブ カンポレアルを試食

マドリードの宮殿のようなホテル 

Hotel GRAN MELIA PALACIO LOS DUQUES

  • 宮殿のような歴史的なホテル
  • 屋上のバーで乾杯

サンセバスチャンで飲み歩き1軒目 

「チェペチャ Bar Txepetxa

  • Sidra(シードラ) 1.3€
  • Huevas de Trucha(マスの卵) 2.3€

シードルで乾杯

シードル(西: Sidraバスク語: Sagardo)またはリンゴ酒林檎酒)とは、リンゴを発酵させて造られるアルコール飲料。発泡性であることも多く、日本の酒税法では発泡性のものは発泡性酒類のその他の発泡性酒類に、発泡性でないものはワインと同様に「果実酒」に分類されている。

番組に登場したものは、

高い位置から泡だてるように注ぎ、

香りをたたせていた。

2軒目 エビの串焼きが名物

Bar Goiz Argi

白ワインで乾杯

  • Pimientos de Gernika(ゲルニカ産シシトウの素揚げ) 5€
  • Brocheta de Gambas(エビの串焼き)7€

シシトウの素揚げは、安住さんがお気に入りのようだった。

3軒目 牛肉の串焼き

Txuleta

  • Pintxo de Xuleta(牛肉の串焼き) 3€
  • Pimiento relleno de Rabo(赤ピーマンのオックステール煮込み詰め) 2.5€

牛ロースを塩で焼いた串

4件目 ムール貝のコロッケ 

「ラ セパ(La Cepa Bar Restaurante)

Croqueta de mejillon(ムール貝のコロッケ) 2€

5軒目 タラの薄造り

Casa Vergara 1948

  • Piparra Frta(ピパラの素揚げ) 6€
  • Croqueta de Bacalao y Puerro(イカスミ入りバカラオのコロッケ)5€
  • Tiradito Vasco(タラの薄造り) 14€

渡辺えりさんと一緒に食事

米倉涼子さんは、渡辺えりさんが来るのを知らなかったようで。

安住さんは、どこまで知っていたか…

渡辺えりを送り込んできたのは、

久本さんの指示らしい(笑)

そりゃそうだよね。

会社のお金で、美女と飲んだり食ったりだけで、

安住さんが美味し過ぎる(笑)

安住さんと米倉さんの距離感が良いよネ。

デートを見てるみたいww

ステキな2人だな。お似合い。

カフェで朝食 

Cafe de la Concha

  • 子イカのグリル 18€
  • メルルーサのグリル 18€

砂浜を眺めながら朝から白ワインで乾杯

昨晩は、二人ともかなり飲んだようだ。

それでも、米倉さんは酒が抜けたそうで、

朝から白ワイン。

迎え酒ではないそうです(笑)

朝から、

海を見ながら、

ワイン飲みながら朝食。

良いですね~。

会社の慰安旅行で、

浴衣姿で、

朝からビンビール飲んでいるのとは

大違い(笑)

美味しく飲んで、美味しく食べる。

うんちくは、いらない。

この手の番組は、

一歩間違うと、

グタグタになってしまう。

スペインの魅力を余すところなく伝えるこの二人は

唯一無二のコンビだ。

『それにしても米倉さん、こんなに美人ででスタイル良くてさっぱりした性格で、スペイン語を4ヶ月でマスターして日常会話出来て、胸元ガッツリ開いたドレス着ても変ないやらしさ無いし…ほんとパーフェクトだなぁ』

わざわざスペインまで行って

荷物の到着が遅れるトラブルに巻き込まれながらも

道化役に徹した渡辺えりさんの

プロフェッショナルさを称えたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. あづみ より:

    オサレな旅ももちろん憧れますが、朝から瓶ビールな社員旅行もなかなかお素敵ですよ。

    会社の旅行のバスの中で「何にする?」って缶ビール片手の幹事さん。

    「ソフトドリンクありますか?」って聞いたら、「はい、これね」って手渡されたのが、缶酎ハイ。そっか、世間ではこれがソフトドリンクなんだ、って違~う!(笑)

    男性陣が勝手に一時間おきにトイレ休憩って言ってバスを止めてくれるんで、安心していただきましたが。

    そういう旅もいいですよね。この頃会社は日帰り旅行しか企画しないから、ちょっとソンボリ。

    昔ながらのわけのわかんない宴会が続く旅ももう一回行ってみたい今日この頃です。

    ある意味楽しかったんですよね。

    車の中で一升瓶の葡萄酒が出てくる旅も楽しいですよ。たぶん。

    • 山本博士 より:

      コメント、ありがとうございます。
      こういう旅行、なんだか分らない勢いがあって楽しいですね。
      今にして思えば……。
      こうゆう社員旅行は、あんまり経験したことがなかったので、
      経験しておいて良かったと思います。
      今にして思えば……
      その当時は、勝手が分らず、ただただ巻き込まれていただけでした。
      今にして思えば……

      あ~~、たまには、お酒を浴びるような旅行をしたいですね。
      今にして思えば(笑)