建設業で山梨をもっと元気に!建設まつり

建設業で山梨をもっと元気に!

10月8日(月・祝)、

『第4回 建設まつり』が、

アイメッセ山梨で行われました。

移動式クレーンの試乗も人気

地雷除去機

はじごのり

写真:kazu さん

写真:チャーリーのママ さん

「甲州戦記サクライザーショー」

サクライザーショーの前の

「建設業の役割を伝えるパネルシアター」の内容が良かった。

台風や豪雨、地震、豪雪…

災害時に真っ先に現場に駆けつけ

ライフラインの復旧に汗する人々。

彼らこそが、安全を守ってくれるヒーローだと思った。

これを見た子どもたちが

将来、建設業に就くかどうかは置いといて、

建設業のような人たちが社会を支えていることを

子どもたちが知ることは

すごく大事なことです。

当たり前だと思っていることは、

実は、当たり前ではない。

そこには、陰の人の存在がある。

菊つくり 菊見るときは 陰の人
菊つくり 咲きそろう日は 陰の人

吉川英治の句を思い出した。

私たちはともすれば表面のみ見て、評価をする癖がある。

建設業を影の人に例えるのは適切ではないかも知れないが、

縁の下の力持ちであることは間違いない。

表面的な華やかな人より、

本質、本物の人に光が当たるような社会でありたい。

建設まつりの会場には、たくさんの方が詰めかけました。

抽選会の発表を聞いていると、

忍野村、富士吉田、都留……

山梨全域から来ているのが分かる。

吉田のおでん屋さんにも会いました(笑)

行きたいんだよな~、吉田のおでん屋さん。

また、野宿で行きたい。

今の博士に必要なのは、それかも知れない。

この日のMCは、

ダンビラムーチョ さんでした。

幕間に、

ダンビラムーチョさんが、

博士と、ぴっかり高木(山梨の住みます芸人)さんと、

ヴァンフォーレ甲府の試合の応援に行ったエピソードを紹介。

このなんとも云えない、微妙な組み合わせに、

会場も”びみょー”な空気に包まれてしまった(笑)

ちなみに、それが、これ ↓ ↓ ↓

『We are 甲府』 ヴァンフォーレ ベガルタ仙台戦

ちなみに、昨年のかつぬまぶどうまつりでも、

ダンビラムーチョさんは、

博士に触れてました(笑) ↓ ↓ ↓

甲州市かつぬまぶどうまつり

ダンビラムーチョ 大原さんと云えば……

先日、「月曜から夜ふかし」に出ていました。

漫才頂上決戦「M-1グランプリ」

10/4(木)本日の合格者:バベル、フルフロンタル、ダンビラムーチョ、さすらいラビー、尼神インター、侍スライス、怪奇!YesどんぐりRPG、レインボー、うるとらブギーズ、バッドナイス、アルコ&ピース、宮下草薙、鬼越トマホーク、THIS IS パン、ウエストランド、続く

ファイトです!!

イベント終了後、

撤収のため、

館内に展示されていた車両が、

一斉に動き出す姿は、

壮観です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする