ハッピー ハロウィーン かぼちゃ伝説(2012年)

サクライザー・チームは、

2012年10月には、

紆余曲折を経て、

初の「ハロウイン・パーティー」を

昭和町のオールドハンガーで開催した。

チーム内には、

「わざわざ、サクライザーが、ハロウインをやる意味が分らない」という

根強い反対意見もあったが、

分断の危機をはらみつつ半ば強硬に事を進めた。

サクライザー ハロウイン・パーティー

2012年10月28日の

Mixi日記から引用する。

『博士と”かぼちゃ伝説”と勇者たち』

昨日も慌ただしかった。

仕事の原稿を作成。
ストリートダンスコンテストの取材。
客先に伺う。

そして、
今日のハロウイン・パーティーの準備。

オールドハンガー。
よくもまあ、カッチョイイ大人たちが集まったもんだ(笑)
こういうことに、
一生懸命になれる大人というのは、
実は、少ない。
だから、この場所は貴重なのだ。

世界に先駆けて公開される映像も仕上がったようだ。
展示も形になってきた。
あなたは、いくつ覚えているだろうか。

17:00過ぎ、
今日の作業があらかた終わって解散する頃、
ともぞー氏が、
スイカ……じゃなかった(笑)
かぼちゃを取りに行くと云い出した。

(注:この年の夏の「サクライザーショー」では、”スイカ”がキーワードになっていた)

周りには、
ここまでやったのだから、もういいじゃないかという空気が流れていた。
それでも、ともぞー氏は譲らない。

「……博士も行くよ!」

かぼちゃ博士として云わせてもらうと、
あのかぼちゃは、一人では持ちあがらない。
二人でも厳しいだろう。

最悪、下敷きか(笑)
そんな所へ、一人では行かせられない。
困難は覚悟の上。

だが、
俺たちが、
真の勇者であったら……
伝説のかぼちゃは、持ちあがるのではないか……

牧丘の山を登って行く。
日も、とっぷりと暮れた。
三人の男たちが、
かぼちゃと格闘していた。

かぼちゃ曰く、
「ワイは、そんじょそこらのかぼちゃとわけが違うんや。
テコでも動かへんで」

男たちの荒い息遣いだけが、
山々にこだました。

絶望の闇に飲み込まれようとした。
その時だった。
天からのメッセージが。

「古代エジプト人の知恵を使え!」

画して、
かぼちゃへの愛情と満足感を手に、
帰路についた。

(注:今は思い出せないが、テコの原理を使ったと思われる)

「厳密に云うと、
巨大かぼちゃがあっても、なくても、影響ないじゃん。
でも、そこで、この一手を打つのは、
すごいことだね。
ウチのスピリッツにしたいね」

「大きなかぼちゃがあったとかいうのを、
子どもは覚えているんです。
僕がそうでしたから」

総力戦である。

なぜ、
ハロウイン・パーティーを、
そこまで頑張るのか。

この企画は、
一人の少年との約束から始まった。

(注:ウチの人たちは、子供との約束を守ることに労力を惜しまない体質がある)

でも、

それだけではない。

今回は、
チームサクライザーにとっての、
試金石。

おそらく、
今後の私たちの方向性を左右する。

様々なことに、
挑戦しました。
いま、
私たちが出来ることが、
詰め込まれています。

ぜひ、
思いっきり楽しんでください。

そして、
感想を寄せて下さい。

出来るだけ詳しく書いて頂けると、幸いです。

では、
会場で、お待ち申しあげております。

山本四郎、
そして、またの名を……

* * * * *

引用、終わり。

あの時、

突貫工事のハロウイン・パーティーの設営が終わりそうになり、

ヘトヘトだったにもかかわらず、

ともぞーさんが、

”ハロウインには、カボチャが必要だ!!”と云いだし、

昭和町から牧丘に、巨大カボチャを取りに行くことになった。

ここまできて、

そんな無理をしてもしょうがないという空気が大勢を占める中、

(そもそもは、計画性のなさが原因)

おもてなしのこだわりが譲れなかった。

そこから先は、個人の戦い。

かくして、

真夜中に、巨大カボチャと格闘することと相成った。

子どもたちと一緒に作ったカホン(楽器)

ウチのイベントに音楽は欠かせない。

サクライザーの主題歌を歌うバンドと、

子どもたちが、自分で作った楽器でセッションしました。

感動的な盛り上がりに。

自分たちのやりたいことができるのが、

主催事業の醍醐味。

サクライザーでおなじみの カモシカ市長のあいさつ

この日ばかりは、

邪鬼礼威子も、邪鬼礼威子ではありません。

むしろ、

お客さんの方が、

邪鬼礼威子の仮装をしているという(笑)

チームのメンバーも

お客さんも仮装を凝らし、

楽器作ってセッションしたり、

空気砲も登場したり、

オリジナル動画があったり、

軽食もあったりで、

盛りだくさんの内容で、

本当に喜んでもらえました。

ありがとう10周年!

山梨から世界へ

山梨には、でっかい夢があるーーーー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする