紅葉の河口湖 バス釣りプロたちの戦いと未来

今日は、紅葉の美しい山梨県・河口湖へ。

博士とロボズラーは、昨日の伊勢志摩行脚のお土産のお届けに(笑)

河口湖

フレックスドリーム調布店さんのブース

昨日11月03日(土)~今日4日(日)と、

「ジャパンスーパーバスクラシック」が開催されていました。

ジャパンスーパーバスクラシックとは?

JBトップ50 年間上位15名、JBマスターズ年間上位10名、各JBローカルシリーズ年間上位2名、各JBIIプロ・アマシリーズ年間上位1名、合計47名が河口湖で二日間の戦いを繰り広げます!

つまり、年間成績が良かった選ばれし者のみが参加できる、日本最高峰を決める大会です。

表彰式での山下茂会長のあいさつが興味深かったです。

バス釣りのプロを前にしてどんな話をするのか。

スポンサーとのプロとしての関係の話。

バス釣りという競技を守っていくには。

こういう危機意識をプロたち全員が持つことで、

業界が存続できるのだと思いました。
中国の話や、アメリカに挑戦する選手の話、

バス釣りは、スケールの大きな世界なんだと実感しました。

HPの

会長山下からのメッセージ』を引用します。

バス釣りの未来を感じました。

山下茂さん

  • JB日本バスプロ協会 会長
  • NBC日本バスクラブ会長
  • 一般社団法人 全日本釣り団体協議会 代表理事
  • 一般社団法人 ワールドフィッシングガイドサービス 代表理事
  • 認定NPO法人 日本釣り環境保全連盟 代表理事
  • 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシイングカレッジ学園長
  • NPO法人 日本国際ふれあい協会 代表理事
  • 富士山国際ノルディック協会 会長
  • 富士河口湖町名物開発委員会 会長
  • 株式会社T・S 代表取締役
  • (一社)富士河口湖町観光連盟 代表理事
  • 日本政府観光局会員 富士山国際観光協会 会長

* * * * *

NBCのネットワークで全国ライブ中継。 3ヵ年計画で情報サービスを充実します。 7月よりテレビ番組の放送開始!

インターネットやSNS、スマホの普及などで情報の拡散スピードがどんどん早まっています。JBトップ50シリーズのライブ中継も多くの方が視聴し、スマホがあればどこにいても最新の情報を得られる時代になりました。5月に中国で開催された中日韓アジアカップにおいても、会場がスタジオを作り、ライブ中継を行っていました。中国のバスフィッシングはまだ発展途上ですが、ライブ配信においては日本よりも先を進み、メディアの情報発信力でバストーナメントの注目度をさらに高めていました。

NBCは今後、手軽に誰にでも利用してもらえる情報提供に取り組みます。本格的に稼働するのは来シーズンからになりますが、それに先がけて『バスフィッシング・観光・環境』をテーマとしたテレビ番組を選手に協力してもらいながら月に2~3本ペースで2年間番組を制作し、アベマTV、釣りビジョンを通して放送していく予定です。

今月から最初のテレビ番組が放送される予定ですのでお楽しみください。

今後の計画として、河口湖にライブ配信の基地となるスタジオを設け、全国各地で活動するチャプタートーナメントのリポートや、タイムリーなローカル情報を発信していきます。バスフィッシングやバストーナメントの注目度が高まり、開催地域の活性化に繋がることを期待しています。

この情報サービスを強化するにあたり、JB・NBCメンバーの協力が不可欠です。全国ネットで活動するNBCだからこそできるプロジェクトだと考えています。JB・NBCメンバー、協賛企業には制作面でご協力いただくと同時に、この新しく始まるメディアを大いに活用していただけると幸いです。

各チャプターにおかれましては、カメラマンやリポーターの人選、ローカル情報の提供をお願い致します。

また、JB・NBCメンバー限定で希望者は登録することによりこのシステムを利用することが出来ます。

やはりこれからの時代は釣りと観光をリンクさせることがとても大切だと考えています。地域と一緒になってバスフィッシングと観光を盛り上げることができれば、より一層バスアングラーの誘致が進み、釣り場環境の整備も進むと考えています。

また、中国をはじめアジアから日本へのフィッシングツアーが組まれはじめました。海外の釣り人を誘致するのもネットメディアは有効です。『釣り・観光・環境』をキーワードに、一丸となって釣りファンを増やしていきましょう。

釣りと観光をリンクする事業として、 全国各地で動画を制作・配信します。

NBC日本バスクラブは1989年に7チャプターから活動をスタートしました。今年は30年目のシーズンとなり、NBC陸釣りクラブやソルト、ワカサギチャプターを含めると、全国53地区でシリーズ戦が開催されています。

バスフィッシングを取り巻く環境は地域によって温度差がありますが、バスアングラーを歓迎してくれる地域は少なくありません。芦ノ湖や河口湖などのように第五種共同漁業権免許(内水面の漁業権)が設定されている水域以外においても、バスフィッシングを観光資源と考えている地域があることは、バスアングラーの皆さんには周知の通りです。バスアングラーが遊漁料やそれに準ずる水面利用料、環境整備協力金などを収めている地域も多く、内水面漁業の振興にも貢献しています。

NBCチャプターは釣り場周辺地域の方々とコンセンサスを図り、地域貢献に取り組むことも活動理念の一つです。トーナメントを開催するとなるとたくさんの車やボートが集まります。釣りは公共の水域を利用するレジャーであるため、地域に受け入れられなければ、活動を継続していくことは難しいでしょう。

NBCチャプターが30年目を迎えるにあたり、今年から各チャプタートーナメントと、その地域の観光PRをリンクさせた動画の制作と配信を行うことになりました。もっと多くの方にチャプターのことを知ってもらい、釣り人によって活動地域が活性化することを願っています。また、海外から来日した人も含め、観光客が滞在先で釣りを楽しんでもらえるような環境作りもWFG(ワールドフィッシングガイドサービス)を軸に進めていく所存です。

NBCチャプターのスタッフ、参加者、WFGガイドにおかれましては、動画制作の折にはご協力をお願い致します。 バスフィッシングに限らず、『釣りと観光』をテーマとした取り組みは今後ますます大切になります。少子高齢化が進む中で、よりよい釣り場環境を整備していくためには、やはり釣りファンを増やすことが優先課題になるでしょう

将来へ向けて、アジアのバスフィッシング普及と、国内の釣りを楽しむ環境作りに努めていきます。

JB・NBCは今年、創立35周年を迎えます。これまでの活動をご支援していただいたスポンサー、NBC協力加盟店、釣り場周辺地域の方々に深く感謝致します。「支援」というよりも、バスフィッシングを盛り上げようと一緒に活動してくださった多くの方々がいたからこそ、ここまで活動を継続できたのでしょう。

また、今年は1989年に活動がスタートしたNBCチャプタートーナメントが30年目のシーズンを迎えます。初年度は東北、北関東、中部、北陸、中部、南近畿、中国、四国の7チャプターでした。その後、チャプターの数は年を追うごとに増え、スポーツとしてのバストーナメントが全国に普及しました。今年はNBC陸釣りクラブ、ソルトやワカサギチャプターも含めると53地区での活動になります。

JBプロトーナメントの影響力はとても大きかったのですが、JB・NBCが全国組織に成長できたのは、しっかりと地域に根付いた活動でバスフィッシングを盛り上げていただいたチャプター役員ならびに選手の皆さんの熱意があったからでしょう。

私は前任者からこの組織の運営を引き受けました。いつの時代も目標を掲げてきましたが、創立30周年を過ぎてからは日本でバスフィッシングがいつまでも安心して楽しめ、業界の発展のためにJB・NBCが何をすべきかを意識するようになりました。それは国内のバスフィッシングが十分に成熟したからです。

私は周囲の人に「35周年は何もしないから」と言ってきました。これまで節目の年にはセレモニーを催してきましたが、今回は何も考えていません。

「何もしない」というのはセレモニー的なことであって、将来に向けて中長期的なビジョンを描き、さらに前進できるようにアクションを起こしていきたいと考えています。

その一つがアジア地域のバスフィッシング普及活動です。釣り文化の違いや地政学的な理由で調整が難しい国際大会ですが、今年は5月に『日中韓アジアバスプロCUP』を中国で開催する運びとなりました。中国はGDPで世界第2位の経済大国に成長しましたが、日本や韓国のようにまだしっかりとした釣り文化が根付いていません。中国は釣り具のマーケットとしてもとても魅力的だし、バスフィッシングに限らずこの国で釣りが普及すればアジアにおいてレジャーとしての釣りの地位が高まり、釣り具業界もその恩恵を享受できるでしょう。釣りの先進国として、まずはバストーナメントを通じて日本から中国の釣り界発展を支援していきたく考えています。

また、外需頼みだけでは日本の釣り界に将来はありません。来年からJB入鹿池シリーズが始まりますが、バスフィシングを盛り上げたい地域の方々と連携して釣り環境の整備に努めます。釣りファン作りも欠かせない活動の一つなので、全国縦断チャリティつり祭りや岸釣りイベントなども充実させていきます。5年先の40周年を迎えたときに、今以上に釣り界が発展していることを願っています。

* * * * *

観光地河口湖。

サクライザーは、

居合わせた、

海外からの観光客にも大人気でした。

?????

サクライザーは、外国人好き(笑)

フレックス・ドリーム ランクル調布店

東京都内・関東最大級のランクル専門店。知識や経験は【専門店】だから。ランクルが好きだから、ランクルに乗っているからわかる、伝えられる『良さ』や『個性』もあります。ランクル60・80からランクル200系まで在庫車のランクルはもちろん、カスタムデモカーやスタッフカーのランクルも常時展示!ご来店いただけるだけで楽しんでいただけると思います♪♪東京都内近郊・関東圏内はもちろん、日本全国どこでもご対応致します。お気軽に何でもご相談ください!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする