Shiny Days 身延デイズ

11月3日(土)

『第7回みのぶまつり』が、

身延町総合文化会館・芝生広場(身延町波木井407)で行われた。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル

10:30 ゆるキャン△ミニライブ (亜咲花 佐々木恵梨)

ゆるキャン△効果で、例年以上のにぎわい。

13:15 甲州戦記サクライザー・ショー

ゆるキャン△ミニライブ が終わり、

ゆるキャン△目的のお客さんが別会場に移動してしまい、

五分の一ほどに(笑)

この日は、ケータさん、しおりさん、

いつもより、セリフの負担が大きくて大変だった模様(笑)

グモラは、身延の”おばさん”たちのハートをわしづかみ(笑)

大盛り上がりの、綱引き。

みのぶまつりでも、

子どもたちの元気な声が響きました。

一方、別会場では、

みのぶまつり連携事業

「ゆるキャン△」

『秘密結社ブランケット音楽祭』が、

旧下部中学校校庭(本栖高校モデル地)で行われた。

山梨日日新聞

四月の雪

いや、昨日はすごく良かったのよ!それは間違いない。野外ステージの後ろの色づき始めた山と空の景色とか、周りで遊んでる子供の歓声とか、防災無線のクマ情報wwとか、そういう環境の中で聞くゆるキャン△の劇版は最高だったし、最後の佐々木恵梨さんのふゆびよりも感動したのでまたやってほしい!

支倉佑樹

ブランケット音楽祭ホントに最高でした。 青い空、流れる雲、そして色づきを見せる山々を背景に流れるアコースティックアレンジされたゆるキャンの曲は感涙ものでした。 アンコールでは亜咲花さんと佐々木恵梨の2人が歌うShiny Days。これだけでも来て良かったと思えました。

DJモーリー

ゆるキャン△ブランケット音楽祭、地元主催ですべて詰め込んだハイクオリティ。町長一日校長、ボランティアの活躍、本栖高校学園祭設定の面白アナウンス、図書室のリンちゃん「いる感」、フリー #スモア、#立山秋航 さんたちのガチ演奏、#京極義昭 監督サプライズ出演・・・書ききれない。最高だった

四月の雪

昨日の音楽祭でキャンプワークショップをやってくださったエルクは、ゆるキャン△に乗っからずに一歩引いたスタンスでいたのがありがたく心強く感じた。そういう立ち位置ってとても重要で、ゆるキャン△人気も実はそういう人たちが支えてくださっているように思う。

わさび@球磨Lv.149

身延駅で乗ったタクシーのおっちゃん、アニメ化されていないゆるキャン△初詣回の話を交えながら身延山の説明始めたのでビックリしたし、既に地元では一定以上の知名度を得ていることをあちこちで実感できたのが嬉しかった。宿泊も観光も買い物もしたので結構満喫したぞ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする