909Music Hourz エピソード

先日は、

山梨県出身の声優  さんがパーソナリティとして登場する

YBSラジオ

「NNSプレゼンツ 909Music Hourz」をお聴きいただき、

ありがとうございました。

番組の反響はコチラ!!

三澤紗千香の 909Music Hourz

三澤さんへの、まさかの、博士の”応援メッセージ”でした。

YBSさんから電話を頂いた時には、

三澤さんが番組に出演されることを既につかんでいました。

”どうして知っているのですか?”YBSさんに驚かれました。

博士ですから(笑)

その時点では、自分のところに出演の話が舞い込んでくるとは思ってもみませんでした。

YBSからの電話では、三澤さんがどんな人なのか、

説明させて頂きました。

どんなエピソードを紹介したらいいか、急だと、結構難しい。

そして、

「本当に、博士で良いんですか?」と、

何度も念を押しました。

ほんとだよーー(笑)

「山梨で一番三澤さんを応援している人ということで……」

そう云われると、悪い気がしません。

否定しない自分が怖い(笑)

ラジオでしゃべる分には全然苦にはなりません。

むしろ、あの緊張感がたまらなくうれしいのだが、

応援メッセージとなると勝手が違ってくる。

博士がどれだけ三澤さんのことを思っているかを、

直接的な表現ではなく、間接的に伝えなければならない。

出来れば、三澤さんのファンの方々に、

「さすが、博士、やるなー!!」と思われたい。

そして何より、どんな内容だったら三澤さんに喜んでもらえるかーーー

2時間番組の流れを想像して、

どんな内容だったら収まりが良いかシュミレーションしてみる。

それを、短い尺の中に、わざとらしくなく、放り込むという。

三澤紗千香さんとはどんな人かーーー

番組の事前のアンケートに対して、

例えば、どんな楽曲を流したいかというような質問に、

普通の出演者は、長くても2行くらいなのだが、

三澤さんは、その楽曲への思いや、

もしかけられなかったらこの曲にしてくださいなどびっしりと書いてあった。その一生懸命さがスタッフにも伝わっていた。

三澤さんのアンケートの

これからの抱負の欄には、

サクライザーを応援したいということも書かれていたようです。

ありがたい!ありがたい!

この番組の枠は、

今までに山梨所縁の方が登場した。

ただ、山梨所縁というだけで、

山梨についてあまり詳しくない方もいた。

そういう点では、日ごろから山梨情報を発信している三澤さんにはハマる番組。

今までは出演者のファンの人は聴いてくれたが、

それ以外への波及効果が弱かった。

ぜひとも、三澤さんには、山梨県民の支持を受けて、

甲州弁を武器に、新たな可能性を切り開いてもらいたい。

博士を起用した理由の一つが、

アニメ業界を知らない人でも、

博士なら知っている人が多いということでした。

事務所からもOKが出ました。

「自分のタイミングでしゃべってください」

原稿もなくマイクに向かった。

思いつくまま。

一発でOKが出ました。

担当者の方から、

”望んでいたとおりのことをやっていただけました”

と興奮気味に云ってもらえました。

 ピックアップペーパー さん

博士、お疲れ様でした。 ご本人も嬉しそうな声をあげていたので、良いサプライズでした。 メールも沢山来ていた様なので、良かったと思います。 また、再登板を期待したいと思います。

ーーーというツイートもありましたが、

三澤さんの反応が気になっていました。

後日、博士の声を聴いた瞬間の表情を伝えてもらいました。

ビックリした表情で目をキラキラ輝かせていたそうです。

本当に、メッセージを喜んで頂けたようです。

博士も一安心です。

育水のイベントは喜ばれたそうです。

行政のイベントだとどうしても盛り上がりに欠けるところがありますが、

三澤さんのファンの方が県外からも大勢来てくれたと。

企業の担当者、地元放送局を含め、

アニメなどに疎いところがあります。

どんなに活躍されていても、伝わらない。

「サクライザー新聞」も微力ではありますが、お役に立てたかなと自負しております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする