ボッチャでチャ・チャ・チャ

#博士 寒い中ありがとうございました #感謝 #山梨県ボッチャ協会 #障害者 #福祉 追伸:12/20日~23日、甲府市役所で毎日9:00~17:00 #ボッチャ体験 してますので是非応援に来てくりょーしぃ~ 明日っからだよぉ (•ᵕᴗᵕ•)⁾⁾ぺこ

甲府市役所かぁ~。

こうしちゃいれれないと、

職場を出ると、

真っ先に向かいました。

写真:*nokko*こんな夜更けにシュンスケかよ~((´*ө*`) さん

『ボッチャを楽しむ集い』

甲府市役所1F 市民コミュニティホール

12月20日~23日

パラリンピック種目『ボッチャ』を体験しよう

展示説明コーナー 実技を通して直接楽しめます。

ボッチャの動画や障がい福祉の動画もあります。

20日(木)10:00AM~オープニング ~5:30PM

21日(金)9:30AM~5:30PM

22日(土)9:30AM~ 1:30PMミニ大会(参加自由)~5:30PM

23日(日)9:30AM~ 1:30PMトークショー ~3:00PM

※トークショー

チョビつキーズシュンスケによるお笑いトーク

日常生活と障がい者の思い

東京パラリンピックへ向けて (みんなで楽しくフリートーキング)

主催:山梨県ボッチャ協会

後援:甲府市・甲府市教育委員会・甲府市体育協会

協賛:ユニバーサルデザイン研究会

ボッチャ協力隊

写真:*nokko*こんな夜更けにシュンスケかよ~((´*ө*`) さん
 甲府市役所1F 市民コミュニティホールには、
ボッチャがありました。
山梨クイーンビーズの時は、
コンパクトでしたが、
ここでは、スペースを確保できているので、
広い!
よりボッチャの魅力が伝わりやすくなっています。
市議会議員(第110代副議長)が、
他のスタッフの方に、
博士とサクライザーのことを熱心に説明してくれました。
感謝!
ボッチャ協力隊のYさんと
宗教社会学の話をした。
とても興味深い内容だった。
実践が伴っているだけに、説得力があった。
江戸時代で思考が停止している
職業僧侶が多い中で、
その生き方は仏教の本義に近いものがあった。
写真:*nokko*こんな夜更けにシュンスケかよ~((´*ө*`) さん
せっかく、甲府市役所まで来たので、
どれみパンに寄ってみた。
偶然、サクライザー・ファンの女性にお会いすることができました。
「サクライザー新聞」が終わることに、
彼女も、息子さんもショックを受けていました。
正直、
惜しんで頂ける声を生で聞けたのは、
ありがたいです。
傷口に軟膏を塗ってもらえたような感じです。
平気で、塩をすりこむような輩もいるので、
余計に軟膏が染みます。
『淋しかった。どうして、自分の誇りを、平気で手放すようなマネができるのだろうか。プロ云々云う前に、人としてどうなのかということだ。信じているのと、甘えているのは別もの。夢を手放した無残な姿は見たくはなかった。そういうことが続くことを覚悟せねばならない。そういうことなのだ。』
塩をすりこまれるのは、
博士だけではないので、
それが悲しい……
怒りを通り越して、淋しさを噛みしめます。
こんなツイートも、
『さらに嬉しいことが!
なんとスーツ姿の博士( @hakasesakurizar )と遭遇
白衣じゃなかったので最初気が付かず(^^;)
バシッとスーツでキメた博士格好よかった(*゚∀゚*)』
よかった!よかった!
最近博士は、死にそうな顔してるらしいから。
死んだ顔じゃなくて、死にそうな顔ですから(笑)
この世の苦悩と戦っています。
”雪だるまパン”のエピソードを聞きました。
どれみパンには、
季節限定の”雪だるまパン”というのがあるらしい。
毎年、
クリームを入れる穴に指を突っ込んで食べるのを楽しみにしていた。
今年は店頭にその”雪だるまパン”が並んでいなかった。
娘さんが「雪だるまパンは?」と言ったら
どれみパンさんすぐに作ってくれたそうです。
冬限定。毎年、楽しみにしているパンがある。
その家庭のこだわりの食べ方、楽しみ方がある。
家族だんらんが目に浮かぶようではないか。
甲府の町の小さなパン屋さんらしい
ほのぼのとしたエピソードだと思った。
どれみパンさんとは、
「サクライザー新聞」折々や朝の会のスケジュールを確認しました。
いつも、ありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする