現代の赤備えと云えば、ロボズラーでしょ!!

こうふ開府500年記念事業

こうふ冬の陣 赤備え

今日23日(日)

「レッドカーペットファッションショー」

14:00~16:00

舞鶴城公園で開かれるというので行ってきました。

こうふ開府500年で

”赤備え”に注目したのは、

良い視点です。

しかし、

歴史的には重要であっても、

今の山梨県民には、

”赤”は、馴染みが薄い。

例えば、

Jリーグ ヴァンフォーレ甲府のイメージカラーも、

赤ではなく、

ともあれ、

これを機に、

”赤”に光を当てることは良いことだと思われます。

ただ、光の当て方が、

赤のこたつバル(野外こたつ)

日本最辛!赤備え食フェス

(食フェスは辛いものだけでなく、赤いスイーツも大集合)

では、オヤカタサマに怒られてしまうような気がするのは私だけだろうか。

そんなワケで、

赤つながりで、

「レッドカーペットファッションショー」、

”「赤」をテーマにしたユニークなファッションショー”

とパンフレッツとには書かれていた。

そうか、ユニークなんだ……

現代の「赤」と云えば、

シャア・アズナブル

機動戦士ガンダム に登場する赤い彗星” は、外せない。

もしくは、

ロボズラーでしょ。

百歩譲っても、

山梨で赤の系譜を引き継いでいるのは、

サクライザーでしょ。

ひょっとして、

シャアロボズラーが登場するのを期待して、

見に行ってきました(笑)

「レッドカーペットファッションショー」キッズ部門

幕間のエキシビションでは、

各種団体が登場しました。

「レッドカーペットファッションショー」エキシビション

「レッドカーペットファッションショー」エキシビション

来週12/29(土)21:00〜 日本テレビ “有吉反省会2時間半スペシャル”にびっくえんじぇるが出演致します!

エキシビション 竜電関

竜電関を呼ぶなら呼ぶで、もう少し準備があっても良かったのでは……

「レッドカーペットファッションショー」一般部門

「レッドカーペットファッションショー」一般部門 優勝者

只今、審査中!

「レッドカーペットファッションショー」一般部門 全員

ファッションショー自体は、

あっけなく終わってしまった。

ただ歩くだけ……

15秒ほど歩くだけ……

もったいない!

もったいない!

もったいない!

なんのプロフィールの紹介も、

ファッションのこだわりの紹介もない。

音楽や照明にも工夫が感じられない。

ファッションショーこそは、

演出!演出!演出!

演出の見せ所。

”ファッションショー”と銘打つのだから、

出演者は、TBS系「林先生が驚く初耳学!」内の

「アンミカ先生が教えるパリコレ学」を見よう(笑)

出演者の方に話を伺った。

書類に今日のファッションのこだわりなどをがっつり書いたのに、

全然読んでくれなかったとのこと。

もったいない。

審査員の皆さん

審査員:中川 悠介

きゃりーぱみゅぱみゅを発掘した人

審査員:谷奥えまえり

『えまえり』の愛称で親しまれている青文字系双子モデル。双子ならではのファッションコーディネートや愛くるしいルックスにファンが急増中。また国内外問わず原宿文化をPRし、街の活性化に努める原宿観光大使も務めている。ファッション誌からTV、ドラマや映画の主演を務めるなど、ファッションモデル発のタレントとして幅広く活躍中。

イベント中

そうだ、きっと、駅前会場に行けば、人がいっぱいいるはず……

よっちゃばれ広場 会場

全国に7台しかないレアなキッチン”か~”、

吉野家オレンジドリーム号

ウワサの赤のこたつ

面白い試みではあるのは間違いない。

赤のこたつバル(野外こたつ)

ネコがいれば完璧(笑)

今川新聞他

2019年は、今川義元公生誕五百年祭。

今川氏に関する情報が載っている「今川新聞」頂きました。

ロボズラー

山梨の現代の赤と云えば、

ロボズラー

「赤備え」とは、

軍団が使用する甲冑や旗指物などの武具を赤や朱を主体とした色彩で整えた編成を指し、後世に武勇の誉れの象徴として語り継がれています。

赤備えを最初に率いた武将は甲斐武田氏に仕えた飯富虎昌とされ、以来、赤備えはもっぱら甲斐武田軍団の代名詞とされています。

開府500年 人類を救え!赤備えは赤パンツ!

赤備え 甲府開府500年で再燃か!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. あづみ より:

    何も言わないなら事前にアンケートとか取らなくていいじゃん!って思いました。
    地元の花火の打ち上げでもちゃんと説明しましたよ。(暗くてよく見えなかったのか、めっちゃ間違えてて失礼と思いつつ笑ってしまいましたが)
    もしかして、ただ歩けばいいと思ってるのかなあ、主催者さん。
    いや、服装のポイントとか言ってくれなきゃ見てる方はわかんないって。

    審査員にはデータが渡してあるんだろうけど、見る人にはそんな資料ないんだからわかるようにしないといけませんね。

    自分も何か行なうときには独りよがりにならないようにしようと思いました。
    うん、勉強になったな。

    • 山本博士 より:

      コメント、ありがとうございます。

      この出演者のお母さんは、小学校5年生の娘さんと一緒にステージに上がったのですが、
      「仲良し親子のおそろいファッション」という本人たちのコンセプトを紹介してくれないものだから、
      会場からは、”なんでお母さんが出てるの?”とヘンな目で見られていました。
      せっかく、応募書類には、お母さんの思いが書いてあったのに……。そんなのあり?って感じですね。

      おそらく、赤のファッションへのこだわりを書いた人と、書かなかった人がいたんだと思います。
      それで、書いていない方で統一して、つまらなくしてしまったんだと思います。
      書いてなかった人は、必死にかき集めた”さくら”の可能性が高いです。
      そう思うと、そそくさと終わってしまった「レッドカーペットファッションショー」の進行にも納得がいきます。
      でも、本気も申し込んだ人には、失礼な話です。実行委員会に対しても。
      あっ、実行委員会は気にしないか。イベントが開催できたこと、それが大事だから(笑)