特撮ORゾンビ 今、NHKのドラマが熱いぜ

どうしちゃったのNHK

おもしれえじゃないか(笑)

やっぱり、時代は、【特撮】でしょ!?

2019年1月18日(金)スタート

ドラマ10「トクサツガガガ」

いつもニコニコ笑顔で
女子力が高いと
思われている。
でも・・・。
本当の私のことは
誰も知らない。

ものがたり

商社勤めのOL・仲村 叶(小芝風花)は特撮をこよなく愛する隠れオタク。
仲村の母親(松下由樹)は、女の子らしさを好み、特撮のことを嫌っている。それゆえ母はもちろん、職場の同僚たちにも特撮オタクであることは一切秘密だ。そんな仲村は日々の生活の中でさまざまなピンチに陥る。「ど、どうすれば…」。すると、突然、仲村の脳内が特撮モードに切り替わり、彼女にしか見えない特撮ヒーローが現れ、彼らの言葉に勇気づけられた仲村は、次々にピンチを切り抜けていく。
そして、特撮オタクの先輩・吉田さん(倉科カナ)や同僚・北代さん(木南晴夏)、小学生の男の子・ダミアン(寺田 心)、コワモテ・任侠さん(竹内まなぶ)など、新しい仲間と出会い友情を育み、特撮オタクOLとしてパワーアップしていく。
日常生活で直面する「あるある!」な壁に葛藤しつつも前向きに奮闘する仲村の姿を描くコメディードラマ。

放送予定2019年1月18日(金)スタート
総合 毎週金曜
夜10時から10時44分連続7回

原作
丹羽庭
脚本
田辺茂範
音楽
井筒昭雄
出演
小芝風花 倉科カナ 木南晴夏 森永悠希
本田剛文(BOYS AND MEN)武田玲奈
内山命(SKE48)寺田心 竹内まなぶ
松下由樹ほかの皆さん
演出
末永創 新田真三 小野見知
制作統括
吉永証

トクサツガガガ で、

「ヒーローのデザインや仮想番組としての作りこみが、NHKなのにすごい」と驚いているのは、若いオタクだ。

「『ウルトラセブン』の舞台裏を再現するドラマ」を撮るのに、

1/1でポインターを完全再現したのは、

今から四半世紀前の公共放送ですぞ(笑)

恐るべし、NHK.

「甲州戦記サクライザー ショー」に携わるようになって、

ヒーローはお尻が生命だと知った。

女子たちから注がれる視線。

サクライザー独特のものかと思ったら、

各地のヒーローショーもそうであることを後に知った。

そして、このテーマは避けては通れないコトを、今日も再確認した(笑)

2019年1月19日(土)スタート 

ゾンビが来たから人生見つめ直した件 | #ゾンみつ | NHKよるドラ

いまや、時代はゾンビだ!?

あのNHKが、

ついに、ゾンビドラマを!

タイトルが長くて覚えにくいが、

【ゾンビが来たから人生見つめ直した件】と云うらしい

略して「ゾンみつ」

ある地方都市でゾンビが大量発生!立ち向かうのはアラサー女子とその仲間たち!戦いの渦中、彼女たちの隠されていた欲望がいびつな形でうごめき出す!!
「ゾンビ」=現代を生きる私たちの危機と不安の象徴ととらえ、注目の劇作家・櫻井智也が描く、現代日本の諸問題をあぶりだす社会派ブラックコメディー。
キャストには、石橋菜津美、土村芳、瀧内公美の若手実力派女優が集結!新しい価値観を持つミレニアル世代に向けて、完全オリジナルのジャパニーズ・ゾンビドラマです!

ドラマのあらすじ

平成元年生まれのみずほ(石橋菜津美)は生きる目標もなく、ただ何となく日々を過ごすアラサー女子。地元の同級生・柚木(土村芳)と美佐江(瀧内公美)と一緒に一つ屋根の下で暮らしている。いつもの朝のいつもの朝食、テレビでは近所の山中の施設が炎上したというニュースが流れるが、たわいのない会話に夢中の3人。その頃、町ではゾンビのようなものが発生し、住人を襲い始めていた。
壊れていく日常、その異変に気づかないみずほは、別居中の夫・小池(大東駿介)と離婚の話し合いをするためファミレスへ向かうが、途中で買い物に寄ったコンビニでゾンビに襲撃されてしまう。
やがてみずほたちの町は、外部から封鎖され無政府状態となる。人々は食料物資のあるコンビニを目指し集まってくる。美佐江と小池が一緒にコンビニへ逃げ込んで来て、みずほは夫の不倫相手が美佐江だったと気づく。
混乱の時間が続く中、彼女たちはスマホでネットにアップされているおかしな動画群に気づく。そこには「ゾンビに〇〇をやってみた」という悪ふざけのようなタイトルが延々とならんでいた。
絶望して生きることを諦める者ばかりでは無く、このユーチューバーのようにチャンスとして人生を一発逆転させようとする者たちも現れ、人々の欲望がいびつな形で噴出しようとしていた。そして、自分は生きることに執着していないと思っていたみずほは、自らが生きる意味に気づいていくことになる…。

プロデューサーのことば…尾崎裕和(ドラマ番組部)

「ゾンビは全て」なんです。ゾンビがいれば、この平成ラストイヤーの現代ニッポンの諸問題、森羅万象を描くことができるんです!
と企画の意図を語ると、みなさん少し引きます。でもしょうが無いんです、だってそうなんだから。
私たちにとって切実な、身近に迫る危機と不安の話をできないかとぼんやり考えていた時に突如現れたのが「ゾンビ」というキーワードでした。そして「死者」をテーマに数々の傑作を書き続ける作家櫻井智也さんの想像力を得て、このドラマは怪しく蠢き始めました。
あったことが無かったことにされ、生きているものが死んだことにされ、終わっていないことが終わったことにされているこの世界。
こんな世界滅びてしまえと思ったことのあるあなた。これは、そんな私たちのためのドラマです。

【放送予定】

2019年1月19日(土)スタート 

総合・毎週土曜よる11時30分~59分

連続8回
【作】櫻井智也
【音楽】サキタハヂメ 小山絵里奈
【出演】石橋菜津美 土村芳 瀧内公美 大東駿介 渡辺大知 山口祥行 片山友希 根本真陽 川島潤哉 阿部亮平 葛城ユキ 原日出子 岩松了 ほか

●制作統括/松川博敬 ●プロデューサー/尾崎裕和
●演出/梛川善郎(1,2,3,7,8話)・中野亮平(4,6話)・野口雄大(5,8話)
●演出部/西浦茜・橋本章・高鍋遼太郎・大野陽平・赤坂拓哉
●制作部/照井修司・長船巧・須永桂太・池本祐美

NHKが、ゾンビにやられた!

↓ ↓ ↓ 山梨のゾンビと云えば

「Happy VFK Halloween」ゾンビと踊れ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. あづみ より:

    ヲタクだってことはね、必死になって隠しても全部周りにばれてるんですよ。
    はい、わたしや友人がそうです。
    いえ、隠してたわけじゃないんですがあえて自分からヲタですとは、言わないのですよ。でも、ヲタはばれます。どうでもいいようなささいなことを突っ込んでしまうんです。

    そしてオタク的行動ってのがツイッターでトレンドに上がっててなんだろうって思ったら、わからないことを調べることだとか。
    えっと、わからないことって誰かに聞くとか調べない限りわからないままですよね?てかそれがオタク的行動?なんで?わかんないままなんて嫌じゃないの?
    まあそれは置いといて。

    わたしは友人がヲタクだらけな状態だしコミケで売り子ちゃんもやってた人ですから全然隠しもしません。
    というか今のコミケって同人誌販売じゃないサークル参加もありなんだと驚いた次第です。まあ20年くらい行ってないからなあ。今でも参加してる友人たちは普通に本を出してるし。

    特撮にゾンビ。前回の金曜日のお楽しみが終わってしまってちょっとソンボリでしたが、また楽しみが出来ました。
    今からわくわくです。

    • 山本博士 より:

      コメント、ありがとうございます。
      ドラマ10「トクサツガガガ」、始まりましたね。

      昨夜お会いした、ベテランのデザイナーさんも、
      たまたま、このドラマを見たそうで、
      この話題で盛り上がりました。

      NHKが”特撮オタクOL”を取り上げるからには、
      既にそういう現象が起きているとの見方でした。
      好きなものを共有したいとの感情や、
      ”大切なことは戦隊で学んだ”、に
      共感したそうです。

      博士的には、
      次回のヒーローショーの回で、
      どんな”あるある”があるか楽しみです(笑)