市原悦子さん 樹木希林さん

昨日のTBS系『ぴったんこカン・カン スペシャル』は、

”旅立ち…さよなら市原悦子さん

大好きな樹木希林さんとのぶらり旅

…笑って泣ける奇跡の一日再びラスト、

朗読6分27秒

あなたの声は永遠です”

「むか~し、むか~しのことじゃった……」の

優しい声と独特の語り口で、

お茶の間に日本の昔話を届けてきた女優の市原悦子さん。

「家政婦は見た!」シリーズをはじめドラマ、舞台などで活躍し、

多くのファンに愛され

今月、82歳で亡くなった。

市原さんが難病に襲われ活動を休止したのは、2016年11月のことだった。

「それまで健康だったのに、急に手足のしびれや痛み、かゆみや寒気などが発生して、市原さんはパニックになりました。救いようのない症状に“もうダメだ”と絶望して、錯乱状態で入院した彼女は、当時のことをほとんど覚えていないそうです」(市原さんの知人)

病名は「自己免疫性脊髄炎」。

南相馬市立総合病院脳神経外科の嶋田裕記医師によれば、

「何らかの原因で体内の抗体が自分の体を攻撃して、脊髄に炎症が起こる難病です。イメージとしてはリウマチに近いが、症状はかなりつらい。手足が動かなくなったり、麻痺や感覚障害、排尿や排便に支障が出ることがあります。薬物投与とリハビリが治療の中心で、まず強力な薬で炎症を抑え、その後、再発を防いでいきます」

一昨年夏前に、市原さんはリハビリ専門病院から退院して自宅に戻った。外出の数は極端に減ったという。その後の体調も芳しくなく、決定していた昨年のNHK大河ドラマ『西郷どん』のナレーションも一昨年11月に降板した。

昨年春からテレビ番組のナレーションで復帰した。

今年、再入院したが、

その時も病室に台本を持ち込み、

仕事の準備を怠らなかったという。

最後まで女優魂を燃やし続けた市原さん。

役作りについて

「演技に対してうぶで、純でありたいと思っています。

それには稽古に徹するしかない」

「目の前の課題に、無心で、真心で取り組むことにより、

必ず新しいなにかが生まれます」と。

常に「今」を見つめていた。

過去の成功や挫折にとらわれず、

未来を思い煩うことなく、

ただ目の前の課題を見つめ、

全力でぶつかっていく。

その繰り返しの中に自身の成長と向上があり、

人生の豊かな実りもある。

番組の中で市原さんは云う、

心を寄せること

技術ではなく、心根

樹木葬

”風になり、土に帰り、木に生まれ変わる”

生前、緑が好きだった市原さん。

モンステラなどの10数種類の観葉植物で囲まれた祭壇は、

緑でいっぱいになりました。

「森の中で眠っているようなイメージ」を再現したといいます。
淡い緑色の棺には、台本を読むときに使っていた眼鏡や愛用の手鏡などの私物や、

市原さんの写真集と著書が4冊ずつ納められました。

無宗教のお別れのため、戒名はありません。

告別式の会場では祭壇の脇にモニターが設置され、

市原さんが出演した作品の映像が流れました。
テレビ朝日系『家政婦は見た!』シリーズでは、

決めぜりふ「ごめんくださいませ~」を絶叫する場面も。

実は、

博士も「家政婦は見た!」に出演の経験があり、

その際、生市原悦子さんを見た(笑)

物を大事にされる方で、

愛用の手鏡はを何度も修理して使っていると聞いていた。

その手鏡を使っている姿も見ることができた。

その「家政婦は見た!」は、

時々、地元のテレビ局で再放送されるため、

忘れた頃になると、

「小芝居してたね」と誰かしらに云われるのが度々だった。

樹木希林さんは、

「桜座」の何周年だったかに来てもらったことがある。

その後、ちょっとした騒動が起きた。

翌月の「桜座スクエア」の表紙に登場してもらったが、

その内容に関して、

樹木希林さんからクレームが来たと云うのだ。

「直接、お詫びに行きます」というと、

「混乱するからそれには及ばない」と急にその人が慌てだした。

人づてに聞いた話では、

クレームをつけてきたのは、

樹木希林さんではなく、

一緒に載っていたその人だったらしかった。

かなり名の知れた方だったので、

まさかとは思ったが、

表現者には表現者の複雑なものがあるんだと思った。

そんな複雑なものに巻き込まれながらも、

たくさんの人のお陰で

「桜座スクエア」が、

12年も雑誌が続いたのは奇跡としか言えない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする