We Will Rock You

『ボヘミアンラプソディ』胸アツ応援上映 が、

TOHOシネマズ甲府(イオン昭和店2F)で開催されました。

この日は、

YBSで「甲州戦記サクライザー」シーズン8のアフレコの日でしたが、

時間を早めてもらい、

集中力を高め、

作業を終えると、

TOHOシネマズ 甲府に向かいました。

YBSの駐車場では、

和泉アナに会い、

「先日は、ありがとうございました」と云われましたが、

一瞬、それがいつのことだったか思い出せませんでした。

時間の流れが速すぎます。(「ててて!TV」出演の事でした)

ボヘミアンラプソディーの応援上映。入場が始まっています。

「まだ、体力を温存しておくように!」

MCから指示がありました(≧∇≦)

はい。今日は、『ボヘミアンラプソディ』胸アツ応援上映 が行われました。

前回、不完全燃焼だったので、リベンジをかけて、

山梨Queenファンが再結集しました。

応援上映は、東京に行くのは簡単ですが、

これを山梨で実現できたことに意義があったと思います。

今日のTOHOシネマズ 甲府の『ボヘミアンラプソディ』胸アツ応援上映で、

「博士のブログで(今日の上映会を)知りました!」と声を掛けられ、

胸アツになってしまいました。お役に立てて何よりです。

TOHOシネマズ 甲府のスクリーンを貸し切りにして行われた『ボヘミアンラプソディ』胸アツ応援上映。

山梨Queenファンで満席に。

「あ~博士だ!ドキドキするー。どうしよう」。

客席をドキドキさせてた博士でした(笑)

「サクライザー始まりましたね♪」たくさんの方に笑顔で声を掛けられました。感謝。

山梨Queenファンの満席は壮観でした。

(平均年齢は高い!)

主催者も手応えをつかんだと思います。

『ボヘミアンラプソディ』胸アツ応援上映に限らず、

なんか面白いことを企画すると思います。

その際は、ぜひ、ご参加ください。

「(フレディ・マーキュリーの様な)つけひげの人は居ますね。…コスプレの方はいませんね」とMCが云うと、

「コスプレいます!」と隣の女子が博士を指差した(笑)

慌てた博士は、「(白衣は)素肌です」と云おうとして

「素っ裸です」と云ってしまった(笑)

やっぱり、全身タイツかタンクトップにすれば良かった……かな。そのままの勢いで、花見に乱入して(笑)

山梨日日新聞 4月12日付

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、群衆

写真:鎌倉 博美 さん

※画像は個人が特定しにくいよう加工してあります

画像に含まれている可能性があるもの:3人、群衆、室内

この撮り方の方が、会場の雰囲気が分かる気がする。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、群衆

博士、どこにいるか分かりますか(笑)

いつもの映画上映とは異なり、

本編の上映の前に、

CMなどは流れませんでしたが、

マナーを呼びかけるものだけは流れました。

そのあと、

映画館の方が、

「”館内ではお静かに”は気にしなくて大丈夫です」というと、

笑いが広がった(笑)

応援上映は、特殊な楽しみ方。

例えば、タカラヅカの映画館でのライブビューイングでは、

拍手は行わないらしい。

純粋に音を楽しむために。

映画は一人で見るより、

大勢で見る方が楽しい。

応援上映で大事なのは、

前説。

もっと云えば、

愛のある前説。

歌え!叫べ!『ボヘミアンラプソディ』胸アツ応援上映

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする