富士吉田市制祭『市民夏まつり』<1>

サクライザー 桜牙 スコルピオーネ

昨日は、

山梨の“南”“北”で、

「甲州戦記サクライザーショー」でした。

“北”が、

「八ヶ岳ホースショー in こぶちさわ」

“南”は、

富士吉田市制祭『市民夏まつり』

「山梨には、郡内地方と国中地方と云う

“深い溝”があって……」と、

役場の職員さんが県外の人に説明していた。

“深い溝”という表現に、

思わず反応してしまった。

溝かどうかは別にして、

実際、

「甲州戦記サクライザー」も、

郡内では、

ちょっとイベントなどが手薄になっている。

「YBS(山梨放送)映っているんでしょ?」

県外の方から云われた。

もっともな話だが、

ことはそう単純ではない。

郡内の人にとっては、

サクライザーは、

”甲府のヒーロー”だという意識があり、

甲府の人たちにとっては、

サクライザーは”北杜のヒーロー”だという意識がある。

北杜のひとにとっては、

サクライザーは、

”おらが町のヒーロー”だという意識がある。

以前、

「八ヶ岳ホースショー in こぶちさわ」では、

サクライザーは、

”小淵沢のヒーロー”だと紹介されていた。

おらが町のヒーローと

地元の人に思われるのは、

「ご当地ヒーロー」の必須条件だと思う。

そんなワケで、

今回、

博士は、

郡内開拓という大きな使命を背負って、

富士吉田市制祭『市民夏まつり』の

「甲州戦記サクライザー 桜牙ショー」及び、撮影会(3会場)に

臨んだ。

(ちなみに、

【桜牙】というのは、

サクライザーの黒い方のこと)

10:00集合

15:30本番

18:10写真撮影会終了

19:00解散

とにかく、

新鮮だった。

勉強になった。

気心がしれたチーム・サクライザーの面々は、

「八ヶ岳ホースショー in こぶちさわ」に投入されているので、

不思議な新鮮さだった。

富士吉田市役所の職員の方が熱心だった。

富士吉田署の警察の方々も、とっても喜んでくれた。

サクライザーが、

2014年10月に、

富士吉田署の『犯罪抑止対策隊長』に就任したのを覚えていてくれた

若いお巡りさんもいた。

課長をはじめ、気さくな方ばかりだった。

サクライザー 犯罪抑止対策隊長

メインステージでの

「甲州戦記サクライザー 桜牙ショー」は、

素晴らしいショーになった。

市役所の担当者も、

生のヒーローショーの迫力に圧倒させられていた。

“おねえさん”も、

見事の一言に尽きる。

本物の力を見せてくれた。

この日は、

悪役のボスがしゃべりながら、

アクションをするという

今までのサクライザーショーにはなかったスタイルだったので、

絶妙の間が好評だった。

コメント

  1. あづみ より:

    桃の出荷があればどちらも行かれなかったはずでした。

    土曜日は、
    出荷量も少なくて他の共撰所がほとんどやらないことになり、
    運送屋さんの社長からトラックがないと連絡が。
    元々出荷量の少ないうちの青果物。
    あの量では運送屋さんも運べば赤字。
    担当者も注文のものを作れば日曜出荷にできると即決。
    つまり共撰のみで出荷なし!

    お陰で12時には仕事終了になりました。
    朝のうちにその話を聞いていたので、
    さて、どちらにしようかと。
    ホースショーも未経験。
    でも、富士吉田には、桜牙・・・

    とりあえず郡内で仕事をしていたことがある職員に、
    富士吉田に行くにはどのルートが一番いいのかと聞いてみました。

    距離から言えば、御坂。
    でも、
    土曜だし混んでるかもしれない。
    精進湖線は御坂より空いてるけど、結構大変ですよ。
    一番、時間が読めるし渋滞にはまらないのは、
    やはり高速ですね。と。

    高速使うのか・・・・
    あれ?わたし郡内に行く高速って走ったことないなあ、そう言えば。

    心が動きました。
    知らない道を走るのってワクワクですよね。

    はい、そのまま富士吉田に決定!
    リニアってここなんだ!とか思いながら車を走らせて行きました。

    なんとか無事に富士吉田につきましたが、会場どこ?
    ちょっと早かったせいかまだ交通規制もされてなくて。
    祭りに参加しそうな小学生の一団の後をついていってどうにか会場に。
    雨がずいぶん降ってきちゃったけど、ステージは大丈夫そう。

    そして久しぶりのサクライザーショー!
    いや、桜牙のみは、初めてでした。
    MCのお姉さんは、本当にすごい人でした。

    いつもは噛み噛みな博士が全然噛まずに言えてる!
    博士、実はすごい人だったのね。

    えーりんちゃんは安定の可愛さで満足でした。
    いいなあ、博士一緒にお仕事出来て。

    そしてボスキャラさんがいい感じでした。
    声が聞いたことあるような気がしたけど、まあいいや。
    邪忍者さんたちも頑張ってましたね。
    近くのお子様、ギャン泣きでしたけど。

    肩叩かれましたが、お友達だったのかしら。

    ホースショーもいつかお邪魔してみたいですが、
    今回は富士吉田、選んでよかったかな。
    市民祭りってこういう感じいいですね。

    いつか甲府の街でもこんなお祭り出来たらいいなって思いました。
    自分が中心じゃなくちゃ嫌っていう考え方じゃなくて、
    みんなで楽しむには自分に何が出来るのかなって思えば、
    楽しくなるんですよね。

    その後にも予定があってショーだけで会場を後にしましたが、
    本当に楽しかったです。

    帰り道は合流直前で雨になり、しかも結構な降り方で・・・
    日頃の行いがこんなところでばれちゃいますね。
    でも、ショーの時には雨も上がってよかったですね。
    ああいうショーもたまにはいいかもしれませんね。

    長々と失礼いたしました。

    • 山本博士 より:

      コメント、ありがとうございます。
      お忙しい中、「甲州戦記サクライザー 桜牙ショー」を選んで下さり、
      ありがとうございました。感謝!感謝!
      今までの「サクライザーショー」とは違う、レアもんのショーになりました。
      目撃して頂き、ありがとうございました。
      あの日は、スゴイ人たちに囲まれて、博士も、気合いが入ってました。
      なぜ?博士は、ここにいるのかと、不思議な気がしました。
      良い経験をさせてもらいました。