第71話『最強!!ブラックシンカリオンオーガ』

あらすじ

上野動物園を訪れたハヤトたちは、上野駅で待ち合わせ中のフタバを目撃する。相手はフタバの婚約者、倉敷ヤクモ。

しかし、今回のヤクモの目的は結婚の話でなかった。ヤクモはフランスでシンカリオン運転士の適合率について研究をしているのだが、思うように進展していないのだという。

そんなヤクモに、フタバはある人物が謎を解く鍵になるのではないかと助言する。その人物とは、なんとアズサのことだった。

<覚書>

婚約者親子が裏切りとは…無駄にイケメンの使い方が分かっている。

あの親子は金に任せてヤバそー。

さあ、ドロドロの準備はOKだ!

よし、次回は、上田アズサが人体実験されて、切り刻まれちゃうんだろうな

←たぶん、それはない(笑)#シンカリオン

「高輪ゲートウェイ」という駅名は世間の評判は悪いけど、

今日の放送で叫び心地は良さそうだということが分かった。

「高輪ゲートウェイ」のイメージアップになったと思う。

ハヤトくん、GetWild の歌詞を呟いてた。

アスファルト タイヤを

切りつけながら

暗闇走り抜ける

まさか、まさかのGetWildでしたが、

今日のメイン駅が高輪G(ゲート)W(ウェイ)だから

G(et)W(ild)歌い出したとかあります?(深読みしすぎか)

先日、エフエム甲府のラジオ番組に出演した際、

リクエストで、GetWildを流してもらったので、

親近感が(笑)

お城(ゲートウェイ)に囚われたお姫様(アズサ)を救出する勇者(ハヤト)と仲間たち…みたいな展開にはならなさそうな悪寒…。

前は、ハヤト(人間)がセイリュウ(キトラルザス)を仲間にしたように、

今度は、キリン(キトラルザス)が、ハヤト達(人間)を仲間にスカウトするという皮肉…

ハヤトが来てくれる、ってなって安心した。

理由はどうあれ、私が感謝するのは勝手でしょ。

居るのが普通だから落ち着く、今さら同調は求めない。幼なじみゆえの気持ちの位置が好き。アズサの口から出たが、ハヤトも無自覚で近い意識でいると思う。

アズサは初めのクソガキ感から、今や、未だちょっと幼い運転手男子のおかん的な精神的支柱になってるのは上手い

最初は息子の婚約者のフタバさんから取り込むつもりだったのかもしれない。だけどやんわり拒否されたからアズサから取り込む事に決めた、と。まず女子供から取り込んでいく事は基本中の基本なんだよな

さんと倉敷親子のコネクションが明らかになった今、ハヤトくんと上田が車に乗った時点でさんアラートが鳴ったのは、ハヤトくんを出撃させて上田を一人にするためなんじゃないかと睨んでるのだが…

そう思うと、アラートが鳴っているのに、妙にやっくんが落ち着いているのが納得。

そもそも「たぶん自分は適合率低い、ちゃんと調べてはないけど」って言葉を聞いて会ってみたいなんて言うの怪しい

その言葉がなくても会うつもりだったんだろう?最重要参考人として

「それが我々の描いた線路の先の終着駅だ」ってわざわざ鉄道になぞらえているあたり、本来のターゲットである子供でも無理なく理解できるギリギリのラインを攻めた台詞回しだと思う。ナイス脚本

上田アズサが、シンカリオンに乗るのではないかと予想する向きがあったが、

そこはそれ、ひと筋縄ではいかないシンカリオンですから、

倉敷親子の裏切りが反響を呼んだ回でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする