親子で楽しむアニメの夏

NHKの朝の連ドラ「なつぞら」を見て、

アニメに対する関心を高めている方も多いと思います。

親も子も楽しめるアニメイベントを紹介したいと思います。

高畑勲展─日本のアニメーションに遺したもの

初の長編演出(監督)となった「太陽の王子 ホルスの大冒険」(1968年)で、悪魔と闘う人々の団結という困難な主題に挑戦した高畑は、その後つぎつぎにアニメーションにおける新しい表現を開拓していきました。70年代には、「アルプスの少女ハイジ」(1974年)、「赤毛のアン」(1979年)などのTV名作シリーズで、日常生活を丹念に描き出す手法を通して、冒険ファンタジーとは異なる豊かな人間ドラマの形を完成させます。80年代に入ると舞台を日本に移して、「じゃりン子チエ」(1981年)、「セロ弾きのゴーシュ」(1982年)、「火垂るの墓」(1988年)など、日本の風土や庶民生活のリアリティーを表現するとともに、日本人の戦中・戦後の歴史を再考するようなスケールの大きな作品を制作。遺作となった「かぐや姫の物語」(2013年)ではデジタル技術を駆使して手描きの線を活かした水彩画風の描法に挑み、従来のセル様式とは一線を画した表現上の革新を達成しました。

このように常に今日的なテーマを模索し、それにふさわしい新しい表現方法を徹底して追求した革新者・高畑の創造の軌跡は、戦後の日本のアニメーションの礎を築くとともに、他の制作者にも大きな影響を与えました。本展覧会では、絵を描かない高畑の「演出」というポイントに注目し、多数の未公開資料も紹介しながら、その多面的な作品世界の秘密に迫ります。

会場:東京国立近代美術館 1F 企画展ギャラリー

会期:
2019年7月2日(火)~10月6日(日)

開館時間:
10:00-17:00 ( 金曜・土曜は10:00-21:00 )
*入館は閉館30分前まで

休館日:
月曜(7月15日、8月12日、9月16日、9月23日は開館)、7月16日(火)、 8月13日(火)、9月17日(火)、9月24日(火)

観覧料:
【当日券】
一般 1,500(1,300)円
大学生 1,100(900)円
高校生 600(400)円
【前売券】
一般 1,300円
大学生 900円
高校生 400円

*いずれも消費税込。
*( )内は20名以上の団体料金。
*前売り券は2019年4月23日(火)~7月1日(月)販売。
*中学生以下、障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料。それぞれ入館の際、学生証等の年齢のわかるもの、障害者手帳等をご提示ください。*本展の観覧料で入館当日に限り、同時開催の所蔵作品展「MOMATコレクション」もご覧いただけます。

*主なチケット販売場所:東京国立近代美術館・工芸館(*開館日のみ、工芸館は当日券のみ)、本展特設サイト(オンラインチケット)、イープラス、チケットぴあ、ローソンチケット、セブンチケットほか
*チケット購入時に手数料がかかる場合があります。

主催:
東京国立近代美術館
NHK
NHKプロモーション

企画協力:
スタジオジブリ

協力:
(公財)徳間記念アニメーション文化財団

協賛:
凸版印刷、西武造園

美術館へのアクセス:
東京メトロ東西線竹橋駅 1b出口より徒歩3分
〒102-8322 千代田区北の丸公園3-1

“日曜美術館”が初のアニメーションを特集!
高畑勲のリアルとは?

NHK日曜美術館

9月8日(日)[Eテレ]前9:00
【再放送】9月15日(日)[Eテレ]後8:00

2018年4月に亡くなった、日本を代表するアニメーション監督・高畑勲さん。
9月8日(日)の「日曜美術館」では、番組史上初めて、アニメーションを特集。高畑さんゆかりの方々とともに、“革命”ともいえる表現方法をひも解きながら、作品の秘密を探っていきます!

また今回は、『未来少年コナン』(1978年)、『火垂るの墓』、『天空の城ラピュタ』(1986年)、『もののけ姫』(1997年)などの美術監督・山本二三にぞうさんにもご登場いただき、高畑さん、そして高畑さんの作品についてお話を伺っています。

日本のアニメーション美術の創造者

山本二三展 〜天空の城ラピュタ、火垂るの墓、もののけ姫、時をかける少女〜

山本二三は、日本のアニメの発展を美術の面で支えてきた第一人者。40年以上もの間、数々の名作アニメで背景画を描いてきた。

その神髄は、物語の舞台を丹念に取材、または設定し、温度や空気感までも描き上げる緻密な仕事にある。独特の形の迫力のある雲をはじめ、草木や川など自然の表現方法は高く評価されている。

アニメ映画では、「天空の城ラピュタ」「もののけ姫」「時をかける少女」などで美術監督を務め、監督としても「ミヨリの森」などを製作している。

同展は山本二三が手掛けた背景画やスケッチ、イメージボードなど約220点を展示。山本が24歳で携わった「未来少年コナン」や、リアルな日本の風景を描ききったと絶賛される「火垂るの墓」など、多彩な作品の原画が取り上げられている。

アニメの物語世界に説得力と彩りを与えてきた、山本の背景美術を一挙に堪能できる。

開催期間

2019年7月13日 (土) ~ 9月16日 (月)

    • 休館日:月曜日(祝日の場合は開館。翌日火曜日が振替休館)
    • 開館時間:10:00~17:00(16:30受付終了)
    • 会場:東京富士美術館:本館・企画展示室1〜4
  • 主催:東京富士美術館
  • 後援:八王子市、八王子市教育委員会、八王子商工会議所
  • 協力:絵映舎
  • 企画協力:神戸新聞社
  • 入場料金:大人1300(1000)円、大高生800(700)円、中小生400(300)円、未就学児無料

※新館常設展示室もご覧になれます
※土曜日は中小生無料
※( )内は各種割引料金[20名以上の団体・65歳以上の方・当館メルマガ登録者ほか]
※障がい児者、付添者1名は半額[証明書をご提示下さい]
※誕生日当日にご来館された方はご本人のみ無料[証明書をご提示下さい。休館日の場合は適用できません]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする