この世界の片隅で

今朝(8月5日)のNHKの「あさイチ」は、

“さんてつ”で行く! 夏の三陸縦断の旅

ことし3月、”さんてつ”の愛称で親しまれてきた三陸鉄道・リアス線が全線開通。絶景に、グルメに、さまざまなツアーがあって、夏の旅行におすすめなんです。今回は、ドラマ「あまちゃん」や「いだてん」でおなじみの俳優・皆川猿時さんが、”さんてつ”に乗って三陸縦断の旅をしました。

ゲスト:薬師丸ひろ子さん、宮藤官九郎さん、皆川猿時さん

ーーーですが、

”さんてつ””あまちゃん”と来れば、

のん能年玲奈)さんじゃないでしょうか。

民放が圧力を受けるのはなんとなくわかるのですが、

NHKはなんででしょうか。

能年玲奈」は芸名ではなく本名であるにも関わらず、

彼女は自分自身の名前を使って仕事をすることができなくなってしまっている。

のんの締め出しは過去に撮影された資料映像にもおよんでいる。

テレビ番組において『あまちゃん』の資料映像を使う際には、

彼女の出演シーンをカットして使用する対応が繰り返されている。

極めつけは、のんと同じく『あまちゃん』出身女優の有村架純が司会を務めた2017年の『第67回NHK紅白歌合戦』。

この年の『紅白歌合戦』では、有村が『あまちゃん』の舞台である岩手県久慈市の中学校を訪れ、生徒たちと交流したVTRが流される

有村架純「ふるさと」特別企画 あまちゃんの舞台 久慈を訪ねて」と題したコーナーがあった。

そのVTRのなかでは『あまちゃん』の紹介をするくだりがあり、

ドラマの資料映像が流れたのだが、

そこにのんの出演シーンは1秒たりともなかった。

言うまでもないが、『あまちゃん』の主演はのんである。

中日新聞

コラムに登場する新宿ピットインの”怪物さん”は、

その後、紆余曲折があって、

甲府でライブハウスの支配人をやっている。

実際、県外からやって来るミュージシャンたちから、

「怪物さん」と呼ばれていた。

私も、情報誌を作っていた頃は、

以前いた会社から、

圧力を掛けられ、干されたものだった。

力を持っているやつは、

ほっといてくれればいいのに、

こっちは、町起こしをやりたい、ただそれだけなのに、

いろいろな会社に圧力をかけられた。

欲にかられて圧力をかけている姿は、

美しくないし、誰からも尊敬されることはない。

でも、社会はそういうもんなんです。

それに、染まるか、染まらないか。

地域を変えるには、そこから変わっていく必要がある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. あづみ より:

    わたしが30年ほど住んで居た市は、どちらかというと表立つよりも裏方にいきたい感じでした。早い話が、どうやったら楽できるかってのが基準だったようです。それはそれで、おい、ちょっと待て、ちゃんと仕事しないかい!ってことなんでよくはありませんけど。
    ただ、イベントの時にそれが発動するといろんな団体に声をかけまくってくれて、これも使えますよ、あ、これ手配しますねってそういうのはお互いにいい関係でした。
    そこで知り合った団体さんともこちらも仲良くなれて自分たちの主催のイベントの時に、相談に乗ってもらえたりできました。
    いわゆる東京のベッドタウン。いろんな場所から人が流れてきてましたから、いろいろあったでしょうけど、市役所のそんな気質がいい作用になって、各団体も頼まれちゃったからには、協力するかってなっていたのかもしれません。

    無関心な住民も大勢いましたよ。それはどこでもあること。でも、団体同士が仲良くなるといろんなつながりが出来ていきます。
    わたしが所属していた団体は、よくコンサートと映画のつどいを開催してました。
    その時に市民会館を借りてましたが、舞台装置に詳しい職員がそこには、いたのです。
    照明のこととか相談していくうちに親しくなって、うちのコンサートに出演しませんかとなって。ただどちらかというと正統派の合唱やらクラシックの方が出演してるコンサートにただのフォークバンドが出ていいのか?と思いましたが、それでもいいと言われ、出演しちゃいました。子供合唱団の指導者の方が気に入ってくださって、他のイベントにまで出演するようになりました。

    あ、わたしはただの所属してた人なんでいろんな経緯はわからないことが多いです。うちの代表者が、本当にいい人でおそらくその方がいたからそういう結果になったと思います。

    山梨に住んでなんとなく感じるのは、このブログに書かれてることだなって思います。
    気に入ったのならそこから関わればいいのに。そして新しい風は受け入れればいいのになあ。

    他から来た人には優しいのになんでなのかなあ。

    ちなみにわたしは30年住んでましたが、最後までよそ者扱いではありました。そういう気質もあるんです。でも、それが普段の付き合いには何も影響はないんです。
    ちょっと不思議な町だったのかもしれませんね。

    長々と失礼しました。