そうめん と たぬき と 大泉ふるさと祭り

昨日、『1分間の深イイ話』を見ました。

45歳差加藤茶夫妻密着

「8時だョ!全員集合も見せちゃいけない番組ワースト1って言われたけど
そんなの言ってるの子供に躾の出来ない親なんだよ…」
「飽きずに楽しみながら続けていたら、自分の武器になる」
”ちょっとだけよ”も”カトチャンペ”も、
お客さんに求められたから続けた。
「自分に飽きるな」
飽きるのはお客さんだ。

自分が自分に飽きたら成長は止まる。

これらの言葉、

加藤茶さんが言うからじゃなくて、
本当にその通りだと思う。
同じ事だって言われても
同じ事を続けないと意味がない
お客さんに求められるからやる
飽きたかどうかを決めるのは、お客さんだ。
そんなワケで(笑)
8月11日(日)は、
「大泉ふるさと祭り」の「甲州戦記サクライザーショー」。
「夏と云えば、博士イン サマーだ。博士の夏だ!!!」
「そんなの、聞いたことないよ~」
そうめんとたぬき
じゃなかった、
山梨のすみます芸人
ぴっかり高木といしいそうたろうも登場しました。
今日は、話題の”闇営業”ではないらしいです(笑)
魔玄一族 VS 超常現象対策課 綱引き対決
邪鬼礼威子、大人気!
たこ焼き、飲み物などの差し入れが届きました。
ありがたいことです。
抽選会。
チーム・サクライザーも
会場で盛り上がっていましたが、
かすりもしませんでした(笑)
賞品がタイガーのホットプレートの時は、
「ガオ~~!!」とみんなでやってました。
2位の任天堂の賞品は、
子どもたちに、爆発的に人気。
1位の方は、
横浜から、大泉の別荘に来られていた方で、
テレビ以外にも、
コーヒーメーカー、ホテルのディナー券などもゲットしていました。
どんだけ~~!!!
ーーー羨望のまなざし。
お盆さんは、ファイヤーパフォーマンス。
夏の匂い、炎と闇が交差する向うに何を見るーーーー。
このくらい火力があれば、
ご先祖様も、迷わずに帰って来れるーーーー。

花火大会の花火も良いけど、
夏祭りの花火も雰囲気があって好きなんだなー。
浴衣の小さな男の子が、
バリバリ夜空を焦がす花火を怖がって、
お母さんにしがみ付きながら花火を見ている姿が、
なんとも微笑ましくていい。
今日は、山内煙火店の花火でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする