24時間テレビ

<工事中>です

24時間テレビは、

若者たちにとって、

何かを知るきっかけ、

日本の現状を知るきっかけになる番組。

募金額もさることながら、

そのことの意義は大きい。

今年は、

「甲州戦記サクライザー」も、

甲府駅北口広場のチャリティーイベントに参加しました。

24時間テレビと云えば、

黄色いTシャツ。

今年は、特に、Tシャツが人気でした。

(嵐の大野智がペン画でデザインした『24hTV42チャリTシャツ』)

邪鬼礼威子も……

Photo by  そら (宇宙)熱くなれ 

博士だって……

Photo by    どれみパン(今年は開店12周年)

24時間テレビの控室では、

放送中の24時間テレビの番組が流されていた。

その中で、芸能人チーム対京都消防署(綱引きチャンピオン)の綱引き勝負があった。

やっぱり、綱引きの白熱した試合は、

思わず力が入る。

演出上も、秒殺よりは、拮抗した勝負の方が盛り上がる。

そんな事を話していた。

この番組を見て、綱引きをやりたくなった人たちが、

2回目の「甲州戦記サクライザーショー」に押しかけて来るのでは……

マジ、ヤバい(笑)

そんなコトもあってか、

2回目のサクライザーショーの綱引きも白熱の戦いとなりました。

Photo by  そら (宇宙)熱くなれ 

24時間テレビから帰還。募金して下さった皆さん、ボランティアスタッフや山梨放送のスタッフの皆さん、ありがとうございました。暑い中、「甲州戦記サクライザー ショー」にお運び頂き、ありがとうございました。全国放送の山梨放送の中で、全力でサライを歌ってきました。善意と感動的な1日でした。

24時間テレビのエンディング。全国放送の各局紹介。“山梨ここにあり”との思いを全国に届けるべく、みんなで、最後の力を振り絞って臨みました。中継されていない時も、全力でサライを歌う。その姿勢は代々受け継がれてきた伝統の力なのでしょうか。その全力投球が感動生む。そんな素敵な人たちでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする