おとなの遠足 上高地

只今<工事中>です。

第3回どれみパン ハイキングが

9月7日(土)行われました。

行き先は、

長野県上高地です。

上高地は、長野県松本市にある標高約1,500メートルの山岳景勝地です。

中部山岳国立公園の一部として、国の文化財(特別名勝・特別天然記念物)に指定されています。

上高地は、通年マイカーでの乗入れを規制しています。

沢渡駐車場または平湯のあかんだな駐車場に停めてバスかタクシーで向かいます。

今回、博士は、

どれみパンハイキング部、初参加でした。

イチバンの不安は、

なにを着ていったらいいのか?でした。

とりあえず、

安い靴を買って、本番に臨みました。

上高地の散策路は、木道や砂利道など未舗装の道がほとんどです。

歩きやすく疲れにくい、山道にふさわしい靴がおすすめだそうです。

また、服装については動きやすく、気温の変化に対応する重ね着のできるものがおすすめ。 季節に応じた帽子などお忘れなく。

近頃のハイキングする人は、

おしゃれな人が多いので、よわっちもう(笑)

朝4:30に迎えに来てもらって、向かう。

話題は、幻のシャインマスカット。

長野県上高地に行きましたが、

ロボズラーが楽しみにしていた、河童にあえませんでした(笑)

“かっぱ橋”でしたが、調理道具や食器の道具街はなかった……

(それは、東京都台東区の合羽橋だろ)

河童橋は上高地のシンボル的存在の橋で、記念撮影の定番スポット!。

上高地のシンボル的存在の橋。

梓川にかかる全長36.3m、幅3.1mの、

カラマツ製の吊り橋で、現在の橋は平成9年(1997年)に架け替えられた5代目

河童橋を渡り、木道が続く梓川右岸遊歩道を明神方面に15分ほど歩いていくと、岳沢湿原があります。岳沢より流れ来る筋と善六沢が合流するあたりに広がる小さな湿原です。サワラやチョウセンゴヨウなどの原生林に囲まれた どこまでも透き通った清らかな水。日が射すと水面がキラキラと輝き、空の青さが溶け込んでとてもきれいです。

ガサゴソと音がした。

何かが動いた!

サルだ!

お猿さんだ!

アウトドアで飲むコーヒーって、美味しいじゃんね。

隊長のリュックの中からは、

みんなを楽しませるものが次々出てくる。

冷えたビールもさることながら、

食後のコーヒーまで。

火力、そして、水場の位置まで考えられていた。

人は、それを  と呼ぶ。

ハイキングの後は、「足湯」へ。

これが、熱いのなんの。45度。

眠気も一気に、ぶっ飛びました(笑)

まあ、日頃から博士は、拷問の類には慣れっこなんですが(笑)

18:30甲府に戻ってきました。

駅前で反省会です。

飲み放題やっちゃいます(笑)

楽しい一日でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする