考古博の土偶─縄文王国の土偶大集合

土偶だよ!全員集合!!

7月31日(月)、夏期特別企画展「科学捜査展 ~真犯人はだれ?!~」の観覧者が1万人に達した「山梨県立科学館」

8月4日(金)、企画展「人類と宇宙星空をめぐる歴史物語」の観覧者が1万人に達した「山梨県立博物館」

それらに比べれば、

地味ではあるかも知れませんが、

地に足の着いた企画を紹介します。

「甲州戦記サクライザー」シーズン7では、

黄金の土偶(ロボズラ―)が活躍しました。

「山梨県立考古博物館」では、

平成29年度夏季企画展「考古博の土偶─縄文王国の土偶大集合─」が

開催されています。~8月27日(日)

黄金のロボズラー

山梨県は、

縄文王国と呼ばれるほど縄文時代の遺跡が数多く存在します。

それらの遺跡からは多種多様な土偶が多数出土しており、

県立考古博物館には重要文化財に指定された

一の沢遺跡・酒呑場遺跡(シーズン7の中で名前が登場しました)出土品をはじめ、500点以上の土偶が収蔵されています。

今回の展示では、

県内各地で発見された選りすぐりの土偶たちを一堂に集めてご紹介するとともに、

発見された地域ごとの特色や土偶が有していた機能、

時間的な変遷などについて考えます。

また、会期中は企画展に体験イベントや、

土偶のお絵かきイベントなども開催されます。

企画展のご観覧と合わせて、ぜひご参加ください。

午前9時~午後5時

無料

ただし常設展をご覧いただく場合は、

常設展観覧料(一般・大学生210円)が必要です。

山梨県立考古博物館

電話:055-266-3881 住所:〒400-1508 山梨県甲府市下曽根町923

休館日:毎週月曜日、ただし、8月14日(月)は開館いたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする