神明の花火<1> トレイントレイン甲府駅から市川大門へ

神明の花火

8月8日(火)、

三郡橋下流笛吹川河畔で行われた

「神明の花火」に行って来ました。

この花火大会、

29回目にして、

初の台風の接近による

順延なりました。

そう、

チケットにも

“雨天開催”が謳われていて、

過去にも雨天での開催もあった。

誰もが“やるもの”だと確信していた!

当日朝7時の、まさかの順延発表には、

衝撃が走った!

みんな1年前から8月7日に向け、

有休を取るなどスケジュールを組んでいたからだ。

(有休は順延にはなりません)

業者が手配した弁当をどうする?

有料席のチケットをどうする?

悲鳴に近いものが発せられました。

今や

安全を最優先にしないと

イベント自体がなくなってしまう時代なのです。

そんなワケで8月8日(火)

『当日の甲府発17時台の列車は大変混雑します』

…と、わざわざ書いてあるのに、

甲府駅から17時台の身延線に乗って

市川大門駅に向かいました。

確かに、混んでました。

浴衣を着た中高生を中心に。

でもね、

混んでいると云ったって、

東京の満員電車を体験している人間としては、

これくらいは屁でもない。

いや、

普段、満員電車を経験していない

山梨県民にとっては、

慣れていないから、

ものすごく精神的にやられてしまうのかもしれない。

電車に人が乗っていると云うだけで、

興奮してしまう(笑)

乗車時間はそんなに長くはないのだが、

乗りなれない電車に酔っちゃった子もいた。

電車から外を見ると、

結構、雨が降っていた。

それでも、

みんな何とかなると信じて疑わない。

傘すら持たない。

市川大門駅に着く。

JR東海も張り切っています。

体調が悪そうな子を見かけると、

声を掛けて救護所を案内してくれます。

だいたい、

大人の感じが漂い始めた

浴衣姿の女子高生の二人連れの方っぽうの子が

体調を悪くします。

これに対し、

浴衣姿の女子中学生は、

4,5人で群れていて

元気です。

市川大門駅

結構、降っていた雨も上がり、

市川大門駅にも、

虹がかかりました。

市川大門

駅から花火の会場を目指します。

庭で友人を集めてバーベキューをやっていたり、

田んぼの畦にブルーシートを敷いている家族がいたり、

町中に思い思いに楽しんでいる雰囲気がして、

博士は気に行っています。

笛吹川河川敷

雨も上がり、

明るいうちに会場に付けて

ホッと一安心。

市川三郷レンジャー

主催者の挨拶。

「市川三郷レンジャー」(にんにん・どんどん・ぽんぽん)

それぞれの顔は、

町特産品の大塚にんじん・花火・印章をイメージされています。

神明の花火

神明の花火

空に、

まだ明るさが残っているうちから、

バンバン打ち上げます。

真っ暗な夜空に浮かび上がるのも良いですが、

雄大な雲や山々の自然のキャンバスとの共演も良いものです。

「視界に入るものの中で一番高くそびえるのが、

高層ビルではなく、

山と云うのは幸せだ。

山は人を謙虚にさせる」。

<続く>

協力:特大スターマイン提供 「幸せの丘ありあんす」

山梨のご当地ヒーロー

YBS山梨放送で大人気だった

「甲州戦記サクライザー」シーズン7

hulu(フールー)配信開始になりました!

シーズン1~7まで、全て、楽しめます。見放題!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする