石和温泉花火大会

石和温泉花火大会

打ち上げ数:約1万発2017821日(月)

 

 実は、

「サクライザー新聞」創刊準備号が出来た時、

どこかに配りに行こうと云うことになって、

初めて行った先が、

石和温泉花火大会だった。

もちろん、

花火が始まる真っ暗な時間では、

新聞どころではなくなってしまうので、

明るい時間帯に伺った。

反応は上々だった。

博士単独でも、

喜んでもらえるという手応えをつかんだ。

その反応事態に、

博士自体が驚いた。

打って出ることの大切さを学んだ。

さて、

今年の石和温泉花火大会。

スコレーセンターの駐車場に車をおいたのだが、

思っていた以上に遠かった。

20分くらいは歩いたと思う。

帰りは、真っ暗!

若い女性の浴衣姿。

下駄が、カランコロンと涼しげな音をたてて歩くのは、

夏ならではの光景。

良いんだな、これが。

「踵(かかと)が痛い!」

「え~、もう」

彼女たちは、

花火会場までたどり着けたのだろうか……

土手を歩いて行くわけだが、

国道20号をくぐる辺りから

様子が一変する。

石和温泉花火大会

石和温泉花火大会

石和温泉花火大会

花火の光が水面を照らす

石和温泉花火大会

イオン石和店駐車場(750台)・ウインズ石和駐車場(900台)など
各駐車場とも22時30分まで利用可能です。

穴場1:八代ふるさと公園

穴場2:市役所の対岸

穴場3:鵜飼橋の北の土手

穴場4:笛吹市役所の敷地内

花火の楽しみ方は、

人それぞれ。

打ち上げ会場近くで、

すし詰め状態で見るのも賑やかで良いが、

少し離れた土手で、

ゆったりと

親しい仲間たちと

食べたり飲んだりしながらが楽しそうだった。

やっぱり、

食べたり飲んだりは

人が生きる上での”基本”だと思った。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする