ビーチにほえろ! 海パン刑事

山梨では、【短パン先生】が話題だが。

最近は、テレビだけでなく、

各地の「甲州戦記サクライザーショー」の現場にも出没している(笑)

短パン先生

短パン先生

ちなみに、

福岡には、

【海パン刑事(デカ)】が実在する。

「<福岡県警>ビーチにほえろ! 海パン刑事  置き引き警戒中」

海水浴客を狙った置き引きが多発し、

福岡・東署が福岡市東区の奈多海岸に水着姿の私服警察官を初めて投入している。

これまでに窃盗未遂容疑で男2人を現行犯逮捕するなど成果は上々で、

真夏のビーチで“海パン刑事”が活躍中だ。

8月11日午後、

奈多海岸では、

バーベキューや海水浴を楽しむ家族連れらでごった返していた。

その中に水着やタンクトップ姿で音楽を聞きながら日光浴をする若者グループの姿があった。

一見海水浴客のようだが、実は東署の捜査員。

この日は14人が、不審者がいないか周囲に警戒の目を光らせていた。

同署によると、

奈多海岸では昨年7~8月に18件の置き引きがあり、

現金被害額は計約11万円。

今年も7月1日~8月10日に15件(被害額計約13万円)の置き引きが発生。

そこで、同署の警察官が休日を返上して5日から水着姿などでビーチでの警戒を開始した。

活動初日には、

パラソルの下に置かれたバッグを物色していたスリランカ人の男2人を窃盗未遂容疑で現行犯逮捕した。

奈多海岸は市中心部から近く、

地元住民を中心に人気の穴場スポットだが、

監視員がいないなど警戒の目が行き届きにくい。

砂浜には無防備に放置された海水浴客の荷物も目に付く。

同署の正木一博生活安全課長は

「夏の楽しい思い出が犯罪被害に遭って台無しにならないよう全力を尽くしたい」とした上で「貴重品は防水ポーチに入れて身に着けたり、見張り役を置いたりしてほしい」と注意を呼びかける。

ちなみに、

【海パン刑事】と云えば、

漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』にも登場する。

初登場:76巻2話「海パン刑事(けいじ)! の巻」

/アニメ第34話「噂の海パン刑事(デカ)」

特殊刑事課会員番号1番。階級は警部補。通称が示すとおり、

常に赤のネクタイと黒無地の海パン一丁で行動する。

この格好でないと落ち着かないらしい。

検挙率100%を誇るエリート刑事であり、

海パンを脱いで無防備な姿になり、

犯人の隙をついて逮捕する。

無防備状態の際は局部をセリフの吹き出し(アニメではモザイク)などで隠しており、

一部の読者やテレビアニメの視聴者から批判されたこともあったが、

子供に大人気のキャラクターである。

本人曰く「わたしは隠し事が大嫌いな性分だ」とのことで全裸になることは恥ずかしくない。

几帳面なところがあり、

食事の時間は厳守している。

保護した女性の前では曲がったネクタイを直していた。

寒い日でも服を着ることはなく、

寒いときにはタイツを着用している(本人曰く「暖かいから」とのことで、両津にも車中で貸し出している)。

アニメ「世界ナンバーワンポリス決定戦!」の時は南極に助っ人としてやってきたドルフィン刑事の潜水艦内で褞袍を着て、

炬燵に入っていた。

また、122巻5話「トロピカルDEアミーゴの巻(前編)」で海に登場したときには、両津に「初めて(その姿が)自然に見える」と言われた。

着用している海パンには名刺、携帯電話、ラーメン、おやつ(バナナ)など様々なものが入っている。

アニメスペシャル第175話「オドロキモモノキ島の大決戦!」で砂漠をさまよっていた両津と本田速人の下に現れた際、

股間の部分が蛇口とつながっていた。

格闘能力は極めて高く、

自分の局部を相手の顔部分に当てて相手を押し倒す「ゴールデン・クラッシュ」や、

無防備状態で飛び蹴りを食らわす「海パンキック」という技を持つ。

いずれの場合も説得しているときに隙をついて攻撃していた。

福岡県警も、

「海パンキック」をするのだろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする