健康診断前に、「朝の会」

今日は、健康診断だった。

朝礼が終わり、

病院へと向った。

「サクライザー新聞」は、

毎月25日が発行日で、

創刊以来欠かさず、

甲府駅前で手配りを行っている。

そして、

「サクライザー新聞」手配りの後は、

街の小さなパン屋さん どれみパンさんで、

出勤前のファンの人たちが集まって

「サクライザー新聞朝の会」が開かれるのが常だった。

今月は、

25日に「サクライザー 邪鬼礼威子の一日警察署長」があった関係で、

26日に延期になっていた。

……というワケで、

8月に転職してからは「サクライザー新聞」手配りに参加できなくなっていたが、

健康診断に行く途中に、

サクライザーファンの方がまだいるかもしれないと思い、

どれみパンさんに寄ってみた。

すると、

サクライザーファンの女性が二人いた。

他にも来られた方がいたようだが、

今回は特に「朝の会」は行われなかったようだった。

僅かな時間だったが、

お話することができた。

良かった~!!

一人のお母さんは

久しぶりに“朝の会“に来られたという。

彼女の小学生の娘さんが

博士が“引退”するという話を聞いて、

“博士がいなければ、サクライザーではない”と、

激しく泣いていたと聞いていたので、

ずっと胸を痛めていた。

こんなポンコツ博士のために泣いてくれる子がいるなんて、

ただただ感謝しかない。

申し訳なさでいっぱいでした。

女の子に

“いろいろあって痩せたけれど、

博士は元気です”

というメッセージを画像とともに託しました。

ファンの間では、

博士は、

大文字焼きで復帰したと受け止めている方もいるみたいですが、

まだまだ手探り状態です。

新しい展開のためにやらねばならないことがたくさんあります。

夢をかなえるなら、自らが変わらなければ……

むかし、

博士が若かりし頃、

小学生の合唱団の団長をやっていたことがあった。

諸事情で辞めることになったとき、

スタッフの女性が泣いてくれたことがあった。

あの涙にどれだけ救われたことか。

いまでも感謝しています。

ちなみに、

「サクライザー新聞朝の会」等で、

博士はファンの方から

パワーをもらっています。

仕事や認知症の親の介護や子育てなど

大変な中にあっても

明るく元気な姿に、

(発散する場をちゃんと確保している)

”生きるってこういうことなんだ”とパワーをもらっています。

世のお母さん方は偉大だと思います。

感謝!

後日、どれみパンでお会いしたお母さんのツイートを見つけました。

『昨日の朝、どれ充していた時に博士に会う事が出来ました☆ミ

娘にも写真を見せたところ

「元気そうだね~σ(*´∀`*)良かった🎶生きていれば、また会えるよねっっ⁉️

という、何らかのフラグが立ってしまったかの様な御言葉をいただきましたよ…((( ;゚Д゚)))』

【お知らせ】

「サクライザー新聞 朝の会」でもお世話になっている

【どれみパン】では、

10月14日(土)10:00~17:00

マイヨ工房(甲府市大里町1891-3)で、

一日限りの限定コラボがあるそうです。

なお、コーヒー豆をご購入の場合は、ご予約をお願いします。

マイヨ工房は、

ティスティングのできる完全登録制の自舎焙煎珈琲豆店です。

ご新規のお客様につきましては、ご予約ページから事前に登録した上で、

ご来店頂きませんと、来店されてもご購入出来ません。

マイヨ工房では、それぞれの好みに合った珈琲店をお選び頂き、

「コーヒーで幸せな生活を!」お過ごし頂きたいと思っております。

マイヨ工房の珈琲の特徴は、

全商品自舎にてハンドピックを行ない、

不良豆の排除により

「コーヒー豆本来の風味」を味わって頂ける焙煎度で仕上げております。

一般的な量販のコーヒーとは焙煎度・風味が異なります。

その為、極度の深煎りや炭火コーヒーの様な苦味を好まれる方には、

満足頂けない場合がございます。

Attention:当店は、苦いコーヒーが欲しいといった嗜好の方には、他店をお薦め致しております。

嗜好は千差万別ですので、

コーヒー原産国の風土及び珈琲の種類のキャラクター風味を楽しみたい方は、

上記特徴を理解した上で、是非お立ち寄りくださいませ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする