一日警察署長 逮捕しちゃうぞ

「秋の全国交通安全運動」が30日まで行われています。

車や自転車を利用する際には、

くれぐれも「自分は大丈夫」との油断・過信を排し、

無事故の運転を心掛けていきましょう。

「秋の日はつるべ落とし」

といわれるように、

例年、この時期は日没時間が急激に早まり、

夕暮れ時や夜間の交通事故が増加する傾向にあります。

警察庁の統計では、

死亡事故は午後5時唐時台に多発し、

特に日没前後1時間の「薄暮時間帯」の事故は、

他の時間と比べて多いことが分かった。

主に「自動車対歩行者」による事故が多く発生していることから、

防止対策として、

歩行者には「反射材用品の着用」、

車の運転者には「早めのライト点灯」などが呼びかけられています。

富士吉田署は、

秋の全国交通安全運動の一環として、

25日、山梨のご当地ヒーロー サクライザーと、

悪役の邪鬼礼威子に、

一日警察署長を委嘱しました。

山梨日日新聞

なお、富士吉田署は20日には、

秋の全国交通安全運動を前に、

7人組の女性アイドルグループ

「愛乙女☆DOLL(ラブリードール)」に一日署長を委嘱した。

制服姿のメンバーは、

街頭指導所でドライバーに安全運転を呼び掛けた。

7月に発売した新曲2曲がオリコンシングルデイリーランキングで1位と2位を獲得した。そのミュージックビデオの撮影が山梨県笛吹市で行われたり、ライブ活動と並行して参加しているアイドルフットサルリーグの合宿地が富士吉田市だったことや、所属レーベル名が「フジヤマ プロジェクト ジャパン」だったことなどが縁で、富士山の麓での大役抜てきにつながった。

リーダーの佐野友里子は「結成7年目で初の肩がきをいただき、ほんとうにうれしかったです。野球の始球式や広報大使のようなアイドルの王道の仕事をいただけるようこれからもがんばります。メンバー全員、名古屋名物『赤から』が大好きなので、PR大使をやらせていたきたいですね」と笑顔を見せた。

らぶどるは「24か月連続ワンマンライブ」と称して、回を重ねるごとに動員を増やしながら大きな会場を目指すプロジェクトを行っている。「富士山の頂上を目指す登山者のように、私たちも一歩一歩夢に向かって積み重ねていきたい。ぜひ応援してください」とアピールも忘れなかった。

「日刊スポーツ」より

●その他の動き●

【南甲府署】『トライス』『とまチュウ』『とりもっちゃん』が交通安全を呼びかけました・

【韮崎署】県警の反射材大使で、韮崎市のマスコット「ニーラ」と甲斐市のマスコット「やはたいぬ」が登場する交通安全紙芝居を作成。

【大月署】反射材大使の『つるビー』と『武田菱丸』が、オギノ都留店で交通安全キャンペーンを実施。

【高速隊】中央道「双葉SA」に街頭指導所を開設長野県警察、NEXCO中日本、日本自動車連盟(JAF)等と協働で交通安全を呼びかけました。長野県警の「ライポくん」とNEXCO中日本の「みちまるくん」も参加し、県警の「ふじくん」「ふじ子ちゃん」と一緒に安全運転をお願いしました。