甲州市かつぬまぶどうまつり

今日は、

「甲州市かつぬまぶどうまつり」でした。

 

降水確率90%と心配されましたが、

見事に晴れ、

暑い日差しが帰って来ました。

 

例年通り、

博士は道を間違え、

迷走しましたが、

無事チームと合流することが出来ました。

 

逆方向から現れたにも関わらず、

ちゃんと博士の車を見つけて駐車場に誘導してもらえたのは、

助手席のロボズラーのお陰だと思います。

 

「甲州市かつぬまぶどうまつり」のMCは、

ダンビラムーチョ(東京吉本 2010年結成/東京NSC16期生)さん

ぴっかり高木(山梨の住みます芸人)さん

 

 

「甲州戦記サクライザー ショー」の前には、

ぴっかりさんが、

「サクライザー新聞」に四コマ漫画を描いていることを紹介してくれました。

 

ダンビラムーチョさんは、

「大人気の『サクライザー ショー』と云えば、

昨年のぶどうまつりでは、

博士がステージで、ベロベロに酔っていました

嬉しくなって、

控室のテントから顔出し手を振ると、

「……今日も酔ってるみたいです」と。

せっかく紹介してくれたので(笑)

いつもの「サクライザー ショー」の中での自己紹介では、

「先ほど、ダンビラムーチョさんとぴっかりさんに、

ベロベロに酔っていると紹介された

サクライザースーツを開発した山本博士でーす」とやってみた。

サクライザー ショーの内容も、

博士が勝沼の伝統技術と共同開発した『シャトー超常現象対策課』。

それを飲んだ邪鬼礼威子が心を洗われてしまい優しい人に……

ところが、魔玄一族退治目的ではなく、

博士は自分が飲むために開発していて既にベロベロだったというオチだった。

「甲州戦記サクライザー ショー」が終わると、

ダンビラムーチョさんとぴっかりさんは、

悪役の邪鬼礼威子は本当は良い人で、

警察の一日署長もやったりしていると紹介。

本当にヤバいのは、

山本博士で、

素の博士はリアルにヤバい人だと、

ぴっかりさんは強調していた。

ダンビラムーチョさん、ぴっかりさん、

ありがとうございます。

実際、

この飲めや!飲めやのワイン祭りの雰囲気の中で、

一滴も飲めないというのは辛い。

今年も、

桜井ケータから、

「はかせ~、ここで一緒に飲みてえじゃんね」と云われた。

ぶどう早食い

「サクライザー ショー」が終わった後、

今年も祭りを見学した。

その帰り道、

山梨市の和菓子屋さん「こばやし製菓」さんに寄ってみた。

そこで目にしたのは、

『ててて!TVで紹介された、シャインマスカット大福だった。

シャインマスカット大福

ダンビラムーチョさんに紹介されたのだという。

××に紹介されたという表現を、

この辺の人たちは好むという。

ダンビラムーチョさんに紹介されたシャインマスカット大福。

ダンビラムーチョさんに紹介された博士。

急に親近感を覚えたのだった(笑)

シャインマスカットと大福のコラボの

口の中に広がる甘さが、絶妙でした。

ちなみに、

期間限定商品です。

ちなみに、

“シャインマスカット大福”のことを、

“ジャイーーンマスカット大福”ってなんだ!?と紹介されたらしい。

こばやしさんでは、

時々商品名を間違え、

それがかえって、話題になるということがままあるらしい。

地域に根差したお店らしいエピソードだ。

こばやし製菓さんに、

「サクライザー新聞10月号」を届けたかったが、

あいにく、博士の手持ちの分は、

かつぬまぶどうまつりで配り切ってしまっていた。

とりあえず、

「サクライザー新聞9月号」は、

お届けすることはできました。

この日も、

「サクライザー新聞」を楽しみにしていたお客さんが来たそうです。

近日中に、

10月号もお届けしたいと思います。

追伸:

山梨市のこばやし製菓さんには、

10月9日に「建設祭り」のサクライザーショーが終わった後、

「サクライザー新聞10月号」お届け出来ました。

* * * * * * * * * *

DVD&Blu-rayダビングサービス・iPhoneアイフォン修理なら、

「サクライザー新聞」でもお世話になっています。

http://clever.sub.jp/