安全・安心なまちづくり

地域安全運動

10月11日って何の日かご存知ですか?

10月11日は、

「安全・安心なまちづくりの日」の日です。

(ちなみに、数字の並びから、ウインクの日でもあります)

2005(平成17)年12月に閣議決定し、

2006(平成18)年から実施されています。

『犯罪に強い社会の実現のため、安全・安心なまちづくりを推進する気運を全国的に波及・向上させ、国民の意識と理解を深めることを目的として、「安全・安心なまちづくりの日」を設ける。

「安全・安心なまちづくりの日」は毎年10月11日とし、その前後の期間において、国民各層の幅広い参加を得た取組を集中的に推進する。』

刑法犯の認知件数は、

平成15年以降減少を続け、

28年には初めて100万件を下回りました。

しかし、

子供や女性が被害者となる犯罪は後を絶たず、

高齢者を狙った特殊詐欺の被害は深刻化するなど、

犯罪に対して不安を抱く人が少なくありません。

こうした犯罪を防ぎ、

地域社会の安全安心を守るために、

全国各地で住民が自主的に様々な地域安全活動に取り組んでいます。

警察庁などでは、

毎年10月11日~20日までの10日間を「全国地域安全運動」と定めて、

各地の防犯協会や防犯ボランティア団体とともに、

地域安全活動の強化や、

相互間の連携の一層の緊密化を図っています。

この運動は、昭和52年に「全国防犯運動」として始まり、

平成7年に現在の「全国地域安全運動」に名称を変更しています。

また、平成17年には、各地域における取組意欲をさらに高めるため、

10月11日を「安全安心なまちづくりの日」と定めています。

平成29年の全国地域安全運動では、

「子供と女性の犯罪被害防止」「特殊詐欺の被害防止」を全国重点として、不審者情報や特殊詐欺などに関する早期通報の呼びかけや積極的な情報発信、警察や自治体、学校と防犯ボランティア団体などの連携強化、危険箇所の点検・改善、防犯教室の開催など、様々な活動を展開します。
また、「安全安心なまちづくりの日」の関連行事として、安全安心なまちづくりの推進に功績や功労のあった団体・個人の表彰を行うほか、防犯ボランティア団体等の活動事例等を紹介する「防犯ボランティアフォーラム2017」がTKPガーデンシティPREMIUM秋葉原(東京都千代田区外神田)で、平成29年10月28日(土)に開催されます。

ちなみに、東京・大田区のイベントには、

歌手の五木ひろしさんも参加しました。

東京・足立区のイベントには、

ももいろクローバーZ 玉井詩織さんが参加しました。(14日)

そんなワケで、

「甲州戦記サクライザー」は、

先日の日曜日、

道の駅富士吉田で、

富士吉田市地域安全運動に参加しました。

昨年は、

河口湖ステラシアター(野外音楽堂)で開催されましたが、

一般の方が参加しづらいということもあって、

今回の会場は道の駅になりました。

「サクライザーショー」が始まると、

たくさんの方が集まってくれました。

サクライザーを知ってる山梨県内の方にも、

サクライザーを知らない山梨県外の観光客の方にも

好評でした。

県外からのツーリング途中のライダーの皆さんが、

嬉しそうにサクライザーと写真を撮っている姿が印象的でした。

この日の「サクライザーショー」は、

主人公・桜井ケータが光っていました。

まさに当たり役(!)

電話詐欺に、いかがわしい動画を見たとして架空請求される役を、熱演!

哀愁の挙動不審が、笑いを誘っていた。

架空請求され、うろたえるヒーローというのは、

前代未聞だったのではないだろうか。

実は、

このオリジナリティーこそが

サクライザーの魅力。

富士吉田署の皆さんも、

ここまで(イベントの趣旨に合わせたストーリー)やってくれるところは、

他にないと、

喜んでくれました。

()

(写真:あゆみ さん)

みんなで願い事を書いた風船を、

サクライザーと飛ばしました。

用意された50個の風船はあっという間になくなりました。

風船は、自然に分解する環境に優しいものでした。

空に吸い込まれていく色とりどりの風船。

飛べ♪飛べ♪というサクライザーのBGMにもマッチして、

心にグッと来るものを感じました。

防犯グッズも配られました

サクライザーは、

安全・安心なまちづくりに頑張ります!!

* * * * * * * * * *

DVD&Blu-rayダビングサービス・iPhoneアイフォン修理なら、

「サクライザー新聞」でもお世話になっています。

http://clever.sub.jp/