献血

先日、

ちっとでも、

なんかのお役に立てれればと、

久しぶりに「献血」に行ってきました。

献血ルーム【グレープ】

  • 受付時間:午前10時から午後5時(成分献血の受付は午後4時まで)
    ※検診業務を一時中断する場合がございます。

  • 定休:12月31日、1月1日のみ

  • 場所:山梨県甲府市丸の内1-16-20 kokoriビル2階

  • 電話番号:055-235-3135

10回目の献血ということで、

記念品を頂きました。

ありがとうございます。

今回も

400mLにしました。

久しぶりなので、

体調も心配だったので、

200mLにしようかなと思っていたのですが、

いざ、受付を前にすると、

200mLだと

なんだか負けたような気がして……

今回も400mLにしました。

以前にも、

見栄張って400mLにしたものの、

途中で気分が悪くなり、

(寝不足が原因か?)

200mLで断念したことがありました。

今回は、

連日のよく分らないストレスでボロボロの身体だったにもかかわらず、

順調で、

思っていたより早く終わりました。

前の時は、

なかなか血が出なかったような気がしました……

(採血にかかる時間は、

200・400mL献血では10分から15分程度です。
成分献血は採血量に応じて40分から90分程度かかります。

健康な方であれば、

献血による身体への影響はほとんどありません。

しかし、体調を崩していたり健康状態の良くない時に献血をすると、

健康を損ねる場合もあります。)

以前いた職場でも

よく「献血」に誘われたことがあります。

社会奉仕団体に入っている方がいて、

その方から聞いた話では、

社会奉仕団体同士で、

献血に何人動員できたかを競っているらしいです。

仁義なき戦い。

社員を動員したり……

(献血後に、おこずかいを渡す社長さんがいたりするそうです)

記念品を良くしたり……

今はどうか分りませんが、

その当時は、

その奉仕団体主催の献血をすると、

レトルトカレー(←実用性がある)が5箱もらえました。

お菓子より食品だろうと、

学生などには喜ばれました。

いっとき、

各奉仕団体が、記念品の豪華さを競うようになり、

「献血制度」の本来の趣旨と逸脱しているのではないかと議論になったそうです。

献血カードには、

次回献血可能日が印字してあります。

次に「献血」が出来るのは、

来年の1月の中旬。

なんだか、淋しいです。

やる前は、ためらいもありましたが、

献血直後には、またやりたくなります(笑)

できれば、

体調に異変が起きるくらいの献血がやりたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. あづみ より:

    献血、ずいぶんとやってないです。
    若い頃はがんがんやってました。
    体調の事を考えるなら、成分献血はどうですか。
    時間はかかりますが、体の負担は少ないです。
    テレビとかDVDとか見てればあっという間ですよ。
    わたしは貧血がひどくなって出来なくなってしまいました。
    貧血の原因となったものが無くなったので、貧血は大丈夫なんですが、数値がイマイチな時もあるからそれから献血してません。

    体格だけ見れば、え?貧血?って感じですけどそういう人はたくさんいます。
    献血しないのと出来ないのはだいぶ違いますよ。
    若い時にあれだけやってたから、様子を見てまたチャレンジしたいと思ってます。
    体重ありすぎてお断りされちゃうかもしれませんね。

    • 山本博士 より:

      コメント、ありがとうございます。
      「成分献血」----身体に負担が少ないとよく聞きますが……
      なんとなく、気持ちの上で、納得できないのです。
      一旦出したものを、また、戻すというのが(笑)
      身体に負担があっても、ドバドバ出したいのです(笑)